このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年10月12日

根本的な間違い

本当に、こういう事を考えて観ると、
一体何のためにパンをふわふわにしているのか
ということになってきてしまいますね。

パンを食べる一時だけ、ふわふわでもちもちとして、
おいしいものの、長年それを食べていると、
何かしら体に障害が出てきて、知らない間に
体がむしばまれていくというんだから、
これは、完全に間違っていますよね。

食べている時は、それなりにおいしくていいのですが、
しかし、知らない間に体に物凄い負担を
かけることになっているというのは、恐ろしい事です。

しかし、ほとんどの人は、こうした事を知らずに、
ほとんど毎日、ショートニングない、その他の危険な添加物を
使用した食品というものを口にしているので、
これはもう、完全にお客を見ておらずに、
営利目的で、お金だけみているということになりますね。
いくら、それを使うと便利だからといっても、
体に悪い影響のあるものを、平気で使い続けると言うのは、
やはり、大きな間違いであると言えますね。

しかし、それが現実に行われているわけですので、
日本の食品産業と言うものは、世界的に見ると、
かなり誠実でしっかりしたものであるとは
信じられているものの、やはり、根本的なところでは
あくまで、営利目的の金もうけ主義であるということが言えますね。
企業なので営利目的なのはあたりまえですが、
しかし、わかっていながら、こうした事を平気で行うというのが
本当の姿を物語っています。
posted by sugo at 06:15| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界的に優れたパンとは?2

外国のパンというものが、どのようなものかは
よくわからないんですが、それでも日本に来た
外国の人達が口々に「日本のパンは凄い!」と
驚くと言うんだから、その違いというのは、物凄いものがあるようですね。

しかし、それも結局は、ヨーロッパなどでは
禁止されているショートニングと言うものが
使われて、ふわふわのもちもちを作りだしていると言うんだから
何だか頭が痛くなってしまいます。


たしかに、固くてぼそぼそとしたパンよりは、
ふをふわでもちもちとして、柔らかくて食感の
いいパンのほうがいいというのは、
間違いないですが、しかし、それは普通に作って
そうなるというのではなくて、人体に危険な
添加物を使用して、それを作り出しているという
ところに、根本的な違いがあるような気がます。


健康を害するものを使ってまで、
パンの品質を上げたとして、
何も意味もないというのは間違いないですね。

あまりに当たり前すぎることですが、
なぜか、日本のパン類、お菓子類、
ケーキ類というものには、
こうした本末転倒なことが、起きてしまっています。


こうした事によって、一体何を目的としているのかという
のはわかりませんが、規制をするなりなんなりして、
早くどうにかならないものかと思います。
posted by sugo at 05:54| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。