このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年10月26日

加工品の表示と表現

遺伝子組み換え農作物の表示や、表現と言うものについて見ていきたいと思うんですが、
農林水産省が、定める遺伝所組み換えの農作物に関する
表示と言うものは、いかのようになるようです。


まずは、枝豆や大豆もやしを含む大豆、トウモロコシ、
ばれしょ、なたね、綿花、
アルファルファ、てん菜をつかった加工品のものは、
遺伝子組み換え農産物の使用は表示されるようです。

ただ、そうして遺伝子組み換えの農作物が使われていても、
表示されない場合もあるとのことで、大豆(枝豆、だいずもやしを含む)、とうもろこし、
ばれいしょ、なたね、綿花、アルファルファ、てん菜がいずれも
食品のおもな原料ではないと言うような場合というのは、
遺伝子組み換えのものを使用しているかどうか
ということは、表示する義務はないとのことです。

また、もちろん、遺伝子組み換えではない農産物を原材料として
使っている場合は、表示の義務はありません。

そして、遺伝子組み換え食品が使われている加工食品の
票ゲbにつ知恵は、
「遺伝子組み換え」、「遺伝子組み換えのものを分別」という表示は、
「遺伝子組み換え農産物を使っている(遺伝子組み換え農産物と、
そうでないものとを混ざらないように管理されている)という表現になるようです。。
posted by sugo at 06:44| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体ににはいいものの

大豆を使った食品とうものは、
体にいと言う事で、よく食べられていたりしますが、
しかし、その元となっている大豆そのものが
遺伝子組み換えの大豆を使用している為に、
本当にそれが体にとって良いとは言えないということになって
しまっているようです。


こうしたことはあまり語られませんし、
食品会社としても、表示義務のない所にまで、
わざわざ表示をしようという考えは、
ほとんどないので、加工食品の表示には
あくまで大豆としか書かれずに、
それがどのような大豆を使用して作られているのか
ということは、良くわからず、
どうやって作られたものを食べているのか、
まるでわからないということになってしまっています。

なので、体にいい大豆食品といっても、
本当にそれが体にいいのかと言うと、
かなり、疑問であるという声もあって、
気をつけると言う人も多いようです。

もちろん、中には、しっかりと遺伝子組み換えかそうえないか
ということを表示しているものもありますし、
そうした事によって、安全であるということを売りにしている
商品もありますが、全体的に見ると、
それは実に数が少なく、ほとんどのものと言うのは、
何がどのように使われているのかということは、
ほとんどわからずにいます。
posted by sugo at 06:33| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。