このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年10月31日

コストを抑えるために

また、キリンビールは、遺伝子組み換えによって作られた
トウモロコシを原材料として使わず、
普通のトウモロコシを原材料として使うことによって、
年間30億円ものコストをかけているということだそうで、
やはり、安全というものに、気をつけて普通につくられたトウモロコシを
使っていると、かなりコストがかさむということのようです。

しかし、いくらコストが安く抑えられるからと言っても、
安全かどうかわからないようなものを、平気で使われていたとしても、
さすがにそれは、根本が間違っているという気がします。
少なくとも体の事をちゃんと考えるならば、
やはり、まだ、それがどのような影響を与えるかわからないだけに、
そう簡単に遺伝子組み換えの作物をつかって、
コストを抑えると言う事はしないに限りますが、
それでも、多少、危険であっても、コストを押さえるために、
遺伝子組み換えの食品を使うというのが、現在の飲料メーカーや、
食品会社の姿勢であるようです。

しかし、そうした事を消費者に一切、知らせずに、さも安全であるかのように、
普通に販売させていると言うのは、やはり、大きな間違いでありますね。

いつの頃から、こうした事が行われているのかは、
わかりませんが、遺伝子組み換えを使った食品に関しては、どうにもおかしな事が
多々、あります。
posted by sugo at 07:23| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業の行う事

こうしたように、企業は、どこか府におちないような
説明を繰り返すようですが、消費者連に言わせると、
これは、実に片手落ちであるとのことで、
遺伝子組み換えの成分が残っているかいないかということだけで、
安全を判断すると言うのは、間違いであるとのことです。

また、遺伝子組み換えの成分と言うものは、
他の成分にまぜた時点で他の遺伝子に影響を及ぼすとのことで、
キリンビールでは、ビールの発酵過程において、遺伝子組み換えに
よって組みかえられたDNAがボールの発酵過程で消滅し、
製品そのものに残ることはないと、子会社では説明するにもかかわらず。、
自社のホームページでは、すべて遺伝子組み換えのトウモロコシを
使っていると発表し、その説明が異なっています。

まさに、勝手な企業のル―ルで、こうして遺伝子組み換えの
説明が異なっているわけですが、なぜ、そうして親会社と子会社で、
説明が異なっていたりするのかというと、
やはり、何かしら隠したい事があるからという事になってしまいますね。
どうしても、大きな企業と言うと、多かれ少なかれこういうことが
見られますが、遺伝子組み換えに関しては、何かしら隠したいことが
あり、それによってこうして表記を変えているようですね。
posted by sugo at 07:12| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。