このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年11月16日

指導者層の食べる肉

例えば、そうしたアメリカの肉牛で最もささやかれてるのは、
なにかというと、その肉の中に入っている栄養剤の影響です。

これが、いつの間にか肉の中にも混入していて、
れを食べた人間のほうにも大きな影響がるのではないかと
言われていて、一部の情報では、アメリカの支配階級の人たちは、
そうした肉というものを食べずに、必ずして安全な肉を指定して
食べていると言うものです。

なにやら、こういう話をすると雲行きが怪しくなってきますが、
しかし、アメリカの指導者層には、あまり肥満体のひとというのは
おらずに、大柄な人はいますが、しかし、割と引きしまって
中肉中背の人が多くいます。

こうしたように、非常にスマートな人が指導者層には多いのですが、
こうした人たちと言うのは、やはり、栄養剤が入った餌で育てられた
肉牛の肉を食べずに、もう少し、しっかりとした肉牛の肉というものを
食べているのではないかということなのです。


これがどのくらい本当のことなのかはわかりませんが、
しかし、そうした指導者層の人たちや、セレブと呼ばれる人達が、
どこにでも売っているような安い肉を買って食べたり、
また、ファーストフォードにいって、
毎日そこで食事をするというのは、まず、ありえませんね。

やはり、しっかりとしたレストランかどこかに行ってしっかりと
食事をしていると思いますが、こうしたことで、おのずから、
食べる肉の種類が大きく違っていきます。
posted by sugo at 09:40| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二つの理由

アメリカの肥満と言うものには、
やはり、2つの種類があるのではないかと思います。

それは、一つには、今語ってきたような全体的な食事量の多さ。
そして、もう一つ目は、質の悪い肉食です。

一つ目は、だれもが良く理解できる事だと思いますが、
二つ目の質の悪い肉食とは何かというと、
これは、以前の記事で指摘したように、
栄養剤が大量に入った肉牛の肉を、食べていることです。

こうした普通のえさを食べさせるというものよりも、
栄養剤入りのものを食べた牛の肉と言うのは、
その栄養剤が体の方にも蓄積して、人間が食べる際にも
その栄養剤が体の方にも行きわたるといいますから、
そうしたものの影響あ非常に大きく肥満にもつながっているのではないかという
ことです。

なので、この二つが、肥満における大きな理由と言えるのではないか
と思いますが、もちろん、そこには、あまり運動をしなかったり、
生活習慣が悪いという事もあると思います。

これは、当り前のことですが、しかし、それだけで果たしてあそこまで
多くの人が肥満になってしまうものなのでしょうか。

なので、あまり注目はされないものの、
ここの所が一番重要な所であり、アメリカの牛肉というものの
本当の姿を物語っているような気がします。
posted by sugo at 09:32| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。