このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年11月17日

安いものと高い物の違い

安いものだと、日本でみるものよりも
かなり安いものがお菓子でも何でもあるようですが、
しかし、そうしたものと言うのは、ほとんどが非常に
粗悪なものであるとのことです。

例えば、安いポテトチップスのようなお菓子も売っていますが、
安いものは物凄く油でべとべとしていて、到底食べられるようなものではない
というものだそうです。

こうしたものは、昔の日本では良く売っていたような気もしますが、
最近だと、さすがにそうした粗悪なものはあまり見かけなくなりました。

100円シップなんかに行くと、たまに、一体何だろうこれ?というような
ものが売っていますが、やはり、そうした安価なものというのは、
世界共通で売っていて、特にアメリカではそれが顕著のようです。

なので、そうしたものをいつも食べている人達と、
もう少し高価でしっかりしたものを食べている人たちは、
いつのまにか随分とその体つきや体調に大きな変化が出てきてしまう
とうことがあるようです。


実際に、一般の人たちと指導者層や裕福な人達の体つきというのは、
随分と違っていますが、それには、そした食べ物にる影響というものが、
物凄く大きいということが、こうした事をみていくことで、
何となくわかるような気もしますね。
posted by sugo at 10:27| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べるものが違うと

そうして日常的に食べるものが大きく違っていると、
やはり、体型の方もかなりの違いが出るようで、
あまり指導者層には、肥満の人がいないということになるようです。


確かに、企業や政府ののトップの人たちが
ファーストフードを好んで食べたり、
あまり良くわからないような肉を使って料理するということは
なくて、ある程度しっかりとした産地の肉牛の肉を口に
するのは、間違いないですね。

また、一説には、そうした人たち御用達の肉というものが
しっかりあって、普通の人たちが食べているような肉は
なるべく食べないようにというのが、家族にも
良く伝えられているとのことです。


こうして、普通の人が食べている者と、
指導者層が食べている肉と言うのは種類が違うという話なのですが、
今のアメリカを見ている限り、こうした話も決してでたらめとも思えないのが、
何とも言えないところです。

肉一つとってみてもアメリカでは本当にいろいろな質のものがあって、
量が多く値段が安いからと言って、アメリカ産の肉を食べていると、
体にはあまり良くない事が多いようです。


少なくとも、アメリカでは安いものとそれなりの値段のするものというのは、
肉はもちろん、その他の食材でも、物凄く大きな品質の差があります。
posted by sugo at 10:19| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。