このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年11月28日

肉の違いと味











しかも、こうした事だけではなくて、ハンバ―ガーとして使われている
ハンバーグは、ほとんどがただの脂肪の塊であるという事も言われいます。
やはり、元に使われている肉がそれほどいいものではないので、
どうしてもハンバーグとして作ると、
ほとんどが脂肪の塊となって、一見すると、しっかりした物のように見えますが、
やはり中身は、相当、体に悪く、ハンバーガーを食べているというよりも、
脂肪をそのまま食べているというようなことになるようです。


こうした事は、やはり、あまり一般的には言われずにいるので、
多くの人は知らず、またその真偽のほどは確認もできないのですが、
しかし、実際に食べてみると、どこかおかしい感じの肉であるということを
感じますね。


ああした肉と、しっかりとしたハンバーガー屋の手作りの
ハンバーガーといものを食べ比べると、同じようなハンバーガーであっても、
その味がまるで違うと言う事がわかりますが、
それこそ、まさに使っている肉の違いであると言えますね。

もちろん、作り方などの多少違っているので、
そうした所の違いもありますが、
しかし、同じハンバーグであっても、
まるでその味が違うというにも、使っている肉の
違いであるというのが一番であるようです。
posted by sugo at 09:20| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのハンバーガーの肉







ファーストフードに対する意識も随分と変わってきたのかなという
感じがしますが、それも当り前と言えば当たりまえですね。

それだけ、体には悪いものが使われているということなのですが、
特にアメリカのハンバーガーで使われている肉、
ハンバーグというものは、気をつけた方がいいという
事がいわれています。

もちろん、出来れば日本のものも気をつけて、
あまり食べない方がいいんですが、
特に、アメリカのものは使っている肉が、
アメリカ産のものであるということで、
他の国よりも、危ないようです。


この危ないと言うのは、以前の記事で紹介していましたが、
アメリカで育った牛と言うものは、日頃食べている
飼料に栄養剤が混ぜられていて、その栄養剤が
肉の方にも、混入してしまっているので、気をつけた方がいい
ということを指摘したのですが、やはり、アメリカの
ハンバーグというと、こうした牛の肉を使ったものが
ほとんどであると思うので、こうした肉を極力食べたくないと
言う人は、あまりアメリカのマクドナルドなどのファーストフードは
食べない方がいいようです。


もちろん、日本のものも、一体どのような肉が
使われているのかは分からないので、こちらの方も、
合わせて気をつけたほうがいいようです。
posted by sugo at 09:19| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。