このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年11月29日

ベジタリアンの急増




なので、こうしたベジタリアンの人たちは、
何かしらそうしたアメリカの肉というものについて、
情報を持っているということがいえますね。


病気で肉を食べないと言う人もいると思いますが、
しかし、ベジタリアンは圧倒的に富裕層に多く、
貧しい人たちほど、よくファーストフードなどを
利用しているということで、完全に食の2極化というものが
起きているようです。


経済においても、昔からアメリカは2極化が起きていて、
貧富の差が激しく、裕福な人と貧しい人達の間には、
随分と大きな収入の差がありますが、こうした収入面での
差と同じくらい、食においても差というものが起きていて、
経済における貧富の差ととなように、
食における品質の差というものが起きてしまっているようです。



こうしたことは、アメリカ国内では、
あまり問題視されておらずに、多くの人は、
何も考えずに、普通にファーストフードや、
安くて大量に仕入れることのできる肉を、
スーパーマーケットで購入しているようですが、
やはり、こうしたものは何かしら危ないものがあるようです。


それを表しているのが、ベジタリアンの急増ということなのですが、
本来は、肉食がメインで、肉を食べるのがパワーの源であるはずの
国民の一部が、なぜ、肉を一切食べないベジタリアンとなっているのか
ということを見ていくと、何かしら見えてくるものがあるに感じます。
posted by sugo at 09:45| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肉を食べない人々






思う以上にこうしたファーストフード店で使われている
肉というものは危ないものが多いようで
気をつけなければいけないのです。



特にアメリカ、中国などのものは危ないようで、
そうした栄養剤入りの飼料を食べた肉牛や
鳥というものは、
できれば食べない方がいいですね。


少なくとも、向こうの富裕層や指導者層は
、そういうことが分かっているのか、
あまり肉を食べないと言う人が多く、
食べても、一般に流通しているものは食べないと
言われています。

なので、そうしたものではない、しっかりとした肉を
食べているか、もしくは、初めから肉を食べない
ベジタリアンになるかのどちらかのようです。


アメリカだと、非常にベジタリアンの数が多く、
肉を一切食べずに、野菜や魚だけと言う人が多くいますが、
こうした人たちが、非常に増えているのも、
何かしら、こうしたアメリカの食肉のモンぢアというものに
ついての考えがあるのかもしれません。


もちろん、宗教的にベジタリアンになるという例も
ありますが、イスラム圏ではなくキリスト教が
大多数を占めるアメリカ国内においては、
肉を食べずにベジタリアンになるというと、
これはほとんどの場合が、健康に留意してということしか、
考えられないと思います。

posted by sugo at 09:43| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。