このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年12月07日

中国料理との味の違い



というのも、やはり、日本で食べている中華料理というのは、
日本人が食べやすいように、ある程度アレンジしているものであって、
ラーメン等は特に独自の進化を遂げていると言う事になるようです。

確かに、ラーメンは、中国ではありえないようなとんこつ味や
牛乳ラーメンなどの日本独自のものがありますし、
味噌やしょうゆ味というと、これはまさに日本ならではの
調味料を使ったラーメンであると言えます。

日本人にとっては、こうしたラーメンが非常に舌にあっておいしく、
全国で、多くのお店が出来ていますが、
しかし、本場中国のラーメンは、どのようなものであるのかというと、
これはほとんど日本人が食べられないような、
辛いものがほとんどのようです。


全部が全部辛いものであるという事ではないようですが、
しかし、かなり日本人の味覚とは合わないものであるようで、
多くの人は、辛くて到底食べられないようなものであるようです。


こうしたものは、まさに民族的な好みの違いと言うものですが、
意外と日本以外のアジアの地域では、辛い料理のものや、
強烈な香辛料を使ったものなどが多く、
日本人の味覚と合わないものが多数あるという事になっています。


そういう味付けのものが好きな人は良いですが、
しかし、そう言う人ばかりではないということで、
どうしてもあまり日本人には合わない味付けのものが多いようです。

posted by sugo at 08:22| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華料理との違い



本当に日本食と言うのは、
多くのアジアの地域と比べてみても、そのどれにも属さない
特殊なものがあり、それが大変、世界でも好まれています。

こうしたものは、海に囲まれて独特な発展を遂げた日本という国
そのものを表していると言ってもいいほどですが、
しかし、その異なり方というのは、
そうした事をもってしても、大きなものであるようです。



こうした違いというものは、実際に、普段生活している中で、
日本料理とその他のくにの料理を比べてみると良くわかるのですが、
例えば、日本と近くにあって世界的にも知られている料理というと、
中国料理があります。


中国料理というと、日本でも多くの中華料理店があり、
ラーメンやギョーザ、チャーハンなどは、非常にポピュラーなもので、
欧米の食事と同じくらいアジアの料理の中では、
親しみのあるものです。

普通の人でも、日常的に中華料理は食べますし、
その味付けなんかにも、わりと慣れているはずですが、
しかし、実際に中国の人が食べているような
中華料理を食べると、
その違いに多くの人は面喰うという人が多いようです。


いつも中華料理を食べている人でも、
中国の人が日常的に食べているものを食べると、
到底食べられないと言う事がよくあるようですが、
普段の食事を見てみると、いつも食べている
中華料理とは起きく違うものがあるようです。
posted by sugo at 08:21| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

味付けの違い




本当に、世界的に見ると、これほど近い国であっても
なぜ、料理の味付けや盛り付けなどが大きく違うのかというのは、
大きな謎ですが、海を渡り大陸の文化とは、
大きく異なるものを独自に作り上げた日本というものは、
日本人が考える以上に特殊であるということになるのかもしれません。



特に料理ではそれが大きくて、アジアのほとんどの多くの国では、
非常に辛い味付けのものが多く、日本人が食べると、
到底その辛さに耐えられないものが多いですが、しかし、
日本ではそうした耐えられないほどの辛い味付けのものは、
ほとんどなくて、わさび等で、ほんの少し辛さを感じさせて
アクセントをつけるというようなものであることが多いようです。


なので、非常に味も細かく、アジアのどこにも見られないほど繊細で、
同時に体にもいい料理が多いと言う事になっているのですが、
こうしたように、日本料理というのは、世界の中ではもちろん、
本来、同じようなものであるはずのアジアの中であっても、
随分と違うものになっています。



こうした違いというものが日本の独自性を際立たせていますが、
健康食としても、世界中で愛されている日本食というものの、
独自性というものがよくわかりますね。
posted by sugo at 08:57| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独特な日本料理



日本食というのは、本当に不思議な食事だと思いますが、
欧米の食事と大きく違うと言うのは良くわかりますが、
しかし、同じアジアの食事と比べてみても、大きく違うという
ことがわかりますね。


こうした違いは、本当に面白い違いですが、
他のアジアのどの地域を見まわしてみても、日本食と同じような
あっさりとしていて、控えめなものはないですし、
また、料理の盛り付けから、食器に至るまで、
高度な様式というものを備えているものは、
ほとんどないといっても過言ではありません。



欧米だと、フランス料理などが、そうしたものを
持ち合わせていますが、それ以外の国では、日本食のような高度な
様式をもちあわせているものはないようです。



お隣の中国であっても、ある程度の様式はあるものの、
さすがに日本食と同じほど細かくいろいろなものがるということは
ないようですね。

また、その味についても、日本と近く、どちらも世界的に
知られている料理であっても、その味付けや料理方法の違いというと、
それはとてつもないほど大きなもので、まるで違う国の料理であると
いうことばかりが強調されます。


おなじような民族がほんの少し海を隔てただけで、
随分と料理の味付けから制作方法まで違うものだと、
驚いてしまいますが、実に大きなものがありますね。



posted by sugo at 08:55| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

世界一の長寿を生み出すもの







こうした健康にいい物ばかりで占められているというのも、
本当に珍しい食事であると思いますが、
本当に古くから食べられているものは、もちろん、江戸時代から
食べられるようになったものまで、多くのものが非常に
体にいい物が多いと言うのは、かなり特殊な食事のような気がします。


こうしたものは、今も食べられているものばかりですし、
本当の日本食と言うと、こうした昔からの和食というものになりますね。

現在では、そこに戦後の洋食というものが入ってきて、
日本食全体で見ると、随分とその様子が変化しましたが、
しかし、それでも基本的な日本食というものは、
体にいい物ばかりで、大変、健康にいい物になっています。


朝食べるものとしては定番なのは、味噌汁に納豆、のり、梅干し、
目玉焼きといったような物になりますが、
こうしたものは非常に体にいいというので有名ですし、
健康番組では、どれも欠かせないものばかりです。


特に納豆については、健康食品として有名ですが、
こうしたものを毎朝食べるように習慣付けられているというのも、
外国の食事とは大きく異なる点でありますね。


こうしたものを日常的に食べるような民族というと
日本人だけであるような気がしますが、
長寿世界一と言われる理由も、こうした食事を見ていけば
すぐに理解できますね。
posted by sugo at 08:45| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康にいい食事ばかり











海外での日本食と一般的に日本でいう日本食とは、
大きく違う物のような感じがしますね。

海外に紹介されているものは昔なららの日本食というもので、
それほど新しいものはないようですが、しかし、
今後、より日本食のバラエティが豊かになっていくということも
ありえますね。


なので、これからどのような形で日本食がしんかしていくのか
というのは、期待するところですが、しかし、
世界中でいわれていることからわかるように、
本当に日本食というものはヘルシーで体にいい物であるという事なんですが、
それにプラスして美味しいというのも大きな特徴ですね。



決して他の国の料理が美味しくないと言っているわけではなうのですが、
一般的な健康にいい料理と言うと、
大抵は、あまり味がなかったり、塩気が少なかったりと
物足りないものであることが多いのですが、しかし、
日本食はというと、そう言う事もなく、
しっかりと味がついているのにも関わらず、
非常にヘルシーで体にいいという事で、
世界的に見ても大変珍しい料理のようです。


どこの国に行っても、健康食というものがあり、
それなりに効果のあるものがありますが、
しかし、料理のほとんどのものが体にいい物で占められているという
のは日本食だけですね。


posted by sugo at 08:44| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

パン食の進化



日本には、肉を食べると言っても、欧米で食べられるような

脂身の多い肉と言うのは、あまり食べられていないのですが、
しかし、明治以後、さらには戦後にそれが大きく日本の
食卓に入ってきて、より食の欧米化、肉食化というものが進んだということですね。



なので、こうしたことから、現代の日本人が普通に食べている、
日本食という
ものの原型が形作られてきたということになります。



これは、まちがいなくGHQの政策の一つで、
パン食の普及などは、意図的に日本に広められるように
なったという話は有名ですね。


今ではパン食というと、ご飯と同じくらい
お馴染のものであって、パンを食べないと言う人は、
ご飯を食べないと言う人と同じくらい、少なくなっています。

それだけ、戦後に入ってきたパンというものが、
日本人には、ご飯と同じくらいにポピュラーなものに
なっているのですが、こうしたパンの一般化と言うものは、
物凄い勢いで日本に広まったと言う事がわかりますね。


どこの街にいってもパン屋というものはありますし、
そこでは食パンから、シンプルなあんパン、さらには、
いろいろとこったパンまで、実に様々な種類の物があります。


まさにこり症の日本人らしく、古来からある日本食の
複雑な食体系と同じくらい、パン食と言うものも、
実に複雑なものがたくさん作られるようになりました。












posted by sugo at 09:11| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脂の少ない食事


日本の食事というと、昔と今では随分と違うものですが、
この違いというのは、主に動物性の脂を使うかどうかという
ことが大きな違いとなります。


そもそも、明治時代になる前の日本には、
牛や豚の肉と言うものが、ほとんど食べられていなかったので、
まさに明治時代というのが、大きな転換期であったのですが、
この頃から日本の食事にも肉というものが
入ってくるようになりました。

もちろん、そうはいっても、当時の日本で肉を食べると言う人は、
まだまだ、ほとんどいなかったというのが現実ですね。

しかも、食べるものといってもそれほど種類物なく、
牛鍋などのなべものしかなかったわけなので、
それほど多くの人が肉をたべていたということではなかったですね。

当時は、やはり、日本もまだまだ貧しい時代ということで、
ほとんどが野菜や魚といった、昔ながらの日本食であったという
ことですね。


ただ、実際には、明治時代以前にも肉が食べられていたともいわれていて、
それほど大っぴらにというわけではないようですが、
鳥やイノシシ、などは良く食べられていたようです。


こうしたものは、肉類の中でもよりヘルシーなものであるとされていますが、
やはり、日本人は、そうしたあまり脂身のない肉が
好きのようです。


posted by sugo at 09:10| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

戦後の日本食




なので、こうしたラーメンなどの、現在の日本食も
徐々に海外に浸透していっていて、昔ながらの
日本食というというものだけではなくて、
新しいものも徐々に、広まって言っているようです。


こうしたものが広まっていくことで、
また、次々と新しい日本食というものが、
世界に広まっていくと思いますが、
そうしたものも海外の人にとっては、
普段食べているものよりもヘルシーということで、
大きく人気になるようです。


日本人の感覚からすると、ラーメンなどの現代の
日本食と呼ばれるものは、昔ながらの日本食とは
大きく違うもので、それが体にあまり良くないものであると
認識されていますが、海外では、こうしたものも
ヘルシーであると言われています。


やはり、
日本に昔からある日本食と、
戦後の欧米化によって、
大きく変化した現代の日本食というものは、
随分と違うもので、日本人にとっては、それほど体に
良いものではないということになっていますね。



なので、海外と日本での日本食というと、実は大きく違うものが
あるのですが、日本人にしてみると、本当に体にとっていいのは、
動物性の脂というものが、あまり使われておらずに、
体にいい野菜や魚貝類中心の古来からある
日本食であるということになります。
posted by sugo at 09:46| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現在の日本食


現在の日本食というと、
本当にいろいろなものが食卓に並んでいて、
純粋な日本食とう意味では、大きく違うものになってしまって
いると言う事が言えますね。



こうしたことは、時代が変化していく中で、
徐々に日本食というものも同じく変化していってしまうのですが、
食の欧米化というものが、こうした変化の原因ですね。


これは、戦後のGHQの指導のもとに、それまでの日本には
存在しなかったような料理というものが、
どんどんと日本に入ってきて、それが大きく食卓に
なじんできたということですね。


なので、戦後と戦前というと、同じく日本食といっても、
大きく中身の違うものであり、それは年を経るに従って、
より欧米化して言ったということですね。


なので、海外で言う日本食というものと、
日本国内で言う日本食というものは、随分とちがうものを
指すようですが、海外で言う日本食とは、よりヘルシーな、
昔からの日本食のものを言いますね。


海外で紹介されている日本食の多くのものと言うのは、
寿司や豆腐などの、肉を使わずに、魚や大豆を使ったものが
多いようです。


最近では、日本のラ―メンというものが紹介されてきていて、
そうした現在の
日本食というものも、
随分と広まってきているようですね。




posted by sugo at 09:46| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

ヘルシーな日本食



なので、そうした日本食というものは、
ほんらいの日本食というものとは大きく違うのですが、
これも、生まれた時からすでに欧米化した日本食で
育ってきた世代ですので、仕方がないとも言えますね。


しかし、ニューヨークなどでは、セレブを中心にして、
日本食はヘルシーだということで、人気だと言うのが、
何とも皮肉なような感じはします。



確かに、現代の日本食であっても、
肉が中心の欧米の食事よりは遥かに
ヘルシーで体にいいですね。

こうしたものと、欧米の食事を比べて、
大変、ヘルシーであるというのは、良くわかりますが、
しかし、本当の昔ながらの日本食と言うと、
今以上にヘルシーというか、質素ともいえるものなので、
これはあくまで今の日本食というものですね。


現代の日本人にとって見ても、こうしたものが
日本食とも言えるのですが、しかし、本当に日本人の
食というものを何百年も支えてきた日本食というものは、
魚や大豆中心の質素なものであるということを
よく覚えておかなければけないようです。


なので、こうした現在ニューヨークでヘルシーであると言われているもので
あっても、本来の日本人にとっては、あまりヘルシーでないとうか、
多少、欧米化した日本食であるという事になってしまいますね。


これも、仕方のないことですが、日本人の体というものから
見ていくと、これも多少、過剰な日本食ということになるようです。




posted by sugo at 09:34| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のベジタリアン



ベジタリアンというと、外国の物のように感じますが、
しかし、その歴史を見ると、実は日本の方が遥かに
ベジタリアン歴は長いといえますね。


というのも、明治時代になって牛を食べるようになるまでは、
それほど肉を食べずに、野菜や盛んが中心の
食事をしてきたので、まさにベジタリアンというものが
あてはまります。



現代の日本人というと、そうしたこととは大きく離れてしまっていて、
何で持食べるとうことで、実に雑食であるということに
なっていますが、本来の日本人といえば、
ベジタリアンであったといってもいいですね。



高齢の人であれば、やはり、昔ながらの日本食が
いいというお年寄りが多いですし、
若い人であっても、最近は、日本食を
食べる方がいいといいと言う人がいます。



こういうことを言う人は、本当にここ数年増えてきたように
思いますが、しかし、昔から海外にいった日本人は、
海外の食事よりも、日本食の方がいいという事で、
人気になっています。

やはり、日本人にとっては日本食が一番のようです。


ただ、この現代人のいう日本食とは、
魚や野菜大豆類が中心となった、純粋な日本食というよりは、

肉食化した洋食が混じった変則的な日本食であるということですね。

posted by sugo at 09:33| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ベジタリアンの意味




こうしたようにベジタリアンと言っても、
それぞれ違ったものがあるということで、


何でも同じというように見てはいけないようです。


ベジタリアンンではない人間にしてみると、
どれも同じように感じますが、
しかし、より思想的なものも絡んできたりするので、
どうしても、細かい違いというものが、
それぞれのベジタリアンの間で生じてしまうようです。



いずれにしろ、動物性のものは食べないということで
一貫しているわけですが、本当のベジタリアンというものは、
現在の欧米の肉食の危険性に関して配慮しているというわけでは
ないというい事がわかりましたね。

しかし、本当にベジタリアンの中で、
そう言う事を考えないと言う人がいるのかどうかというのは、
実際にはわかりません。


昔ながらのベジタリアンに、そうした肉食の危険性というものを
知って加わった人もいると思うので、
こうしたものについては、もう少し良く見ていく
必要があるようです。



なので、ベジタリアンにも、本当にいろいろな
種類の人
がいるということが分かるのですが、

どちらにしろ肉食はあまり良くないということで、
統一されているのは、まちがいないですね。


こうした事が、どのようなことから
始まったのかというのは
わかりませんが、動物性の食品というものに関しての
意識というものは、世界的にはあまり良くないようです。

posted by sugo at 08:50| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベジタリアンの種類




ベジタリアンにはいくつかの種類があるようで、
何を食べるのかというので、
その名称が変わるようです。


ベジタリアンなのにたべるものが違うというのも
おかしなことですが、しかし、純粋に野菜だけを
食べると言う人もいれば、卵や乳製品、魚を取るという人達や、
動物性の脂肪も取ると言う人もいるようです。


こうしたことは、それぞれ所属する団体や、
宗教というもので随分と違うようですが、
こうした違い上がると言うのが、面白いですね。

まず、ラクト・オボ・ベジタリアンというのは、乳菜食者で、
乳製品と卵は食べます。ラクト・ベジタリアンというのも、乳菜食者ですが、
牛を殺して胃を取りだして消化液を集めたレンネットを使用して
作成されたものは食べないようです。

オボ・ベジタリアンとは卵菜食者で、卵は食べるという人達の事です。
ヴィーガンとは、純粋な菜食者で、乳製品やはちみつもとらず、
動物性の食品を一切取らない人たちのことです。


ダイエタリ―・ヴィーガンとは、植物性の物だけを摂取しますが、
あえて動物性の食品を避けないということで、
日本の菜食主義者と近いものにようです。




こうしたもののほかにもいろいろと
ベジタリアンといってもその食事のスタイルのは
差異があるということだそうです。






posted by sugo at 08:49| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。