このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年12月02日

ヘルシーな日本食



なので、そうした日本食というものは、
ほんらいの日本食というものとは大きく違うのですが、
これも、生まれた時からすでに欧米化した日本食で
育ってきた世代ですので、仕方がないとも言えますね。


しかし、ニューヨークなどでは、セレブを中心にして、
日本食はヘルシーだということで、人気だと言うのが、
何とも皮肉なような感じはします。



確かに、現代の日本食であっても、
肉が中心の欧米の食事よりは遥かに
ヘルシーで体にいいですね。

こうしたものと、欧米の食事を比べて、
大変、ヘルシーであるというのは、良くわかりますが、
しかし、本当の昔ながらの日本食と言うと、
今以上にヘルシーというか、質素ともいえるものなので、
これはあくまで今の日本食というものですね。


現代の日本人にとって見ても、こうしたものが
日本食とも言えるのですが、しかし、本当に日本人の
食というものを何百年も支えてきた日本食というものは、
魚や大豆中心の質素なものであるということを
よく覚えておかなければけないようです。


なので、こうした現在ニューヨークでヘルシーであると言われているもので
あっても、本来の日本人にとっては、あまりヘルシーでないとうか、
多少、欧米化した日本食であるという事になってしまいますね。


これも、仕方のないことですが、日本人の体というものから
見ていくと、これも多少、過剰な日本食ということになるようです。




posted by sugo at 09:34| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のベジタリアン



ベジタリアンというと、外国の物のように感じますが、
しかし、その歴史を見ると、実は日本の方が遥かに
ベジタリアン歴は長いといえますね。


というのも、明治時代になって牛を食べるようになるまでは、
それほど肉を食べずに、野菜や盛んが中心の
食事をしてきたので、まさにベジタリアンというものが
あてはまります。



現代の日本人というと、そうしたこととは大きく離れてしまっていて、
何で持食べるとうことで、実に雑食であるということに
なっていますが、本来の日本人といえば、
ベジタリアンであったといってもいいですね。



高齢の人であれば、やはり、昔ながらの日本食が
いいというお年寄りが多いですし、
若い人であっても、最近は、日本食を
食べる方がいいといいと言う人がいます。



こういうことを言う人は、本当にここ数年増えてきたように
思いますが、しかし、昔から海外にいった日本人は、
海外の食事よりも、日本食の方がいいという事で、
人気になっています。

やはり、日本人にとっては日本食が一番のようです。


ただ、この現代人のいう日本食とは、
魚や野菜大豆類が中心となった、純粋な日本食というよりは、

肉食化した洋食が混じった変則的な日本食であるということですね。

posted by sugo at 09:33| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。