このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年12月04日

パン食の進化



日本には、肉を食べると言っても、欧米で食べられるような

脂身の多い肉と言うのは、あまり食べられていないのですが、
しかし、明治以後、さらには戦後にそれが大きく日本の
食卓に入ってきて、より食の欧米化、肉食化というものが進んだということですね。



なので、こうしたことから、現代の日本人が普通に食べている、
日本食という
ものの原型が形作られてきたということになります。



これは、まちがいなくGHQの政策の一つで、
パン食の普及などは、意図的に日本に広められるように
なったという話は有名ですね。


今ではパン食というと、ご飯と同じくらい
お馴染のものであって、パンを食べないと言う人は、
ご飯を食べないと言う人と同じくらい、少なくなっています。

それだけ、戦後に入ってきたパンというものが、
日本人には、ご飯と同じくらいにポピュラーなものに
なっているのですが、こうしたパンの一般化と言うものは、
物凄い勢いで日本に広まったと言う事がわかりますね。


どこの街にいってもパン屋というものはありますし、
そこでは食パンから、シンプルなあんパン、さらには、
いろいろとこったパンまで、実に様々な種類の物があります。


まさにこり症の日本人らしく、古来からある日本食の
複雑な食体系と同じくらい、パン食と言うものも、
実に複雑なものがたくさん作られるようになりました。












posted by sugo at 09:11| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脂の少ない食事


日本の食事というと、昔と今では随分と違うものですが、
この違いというのは、主に動物性の脂を使うかどうかという
ことが大きな違いとなります。


そもそも、明治時代になる前の日本には、
牛や豚の肉と言うものが、ほとんど食べられていなかったので、
まさに明治時代というのが、大きな転換期であったのですが、
この頃から日本の食事にも肉というものが
入ってくるようになりました。

もちろん、そうはいっても、当時の日本で肉を食べると言う人は、
まだまだ、ほとんどいなかったというのが現実ですね。

しかも、食べるものといってもそれほど種類物なく、
牛鍋などのなべものしかなかったわけなので、
それほど多くの人が肉をたべていたということではなかったですね。

当時は、やはり、日本もまだまだ貧しい時代ということで、
ほとんどが野菜や魚といった、昔ながらの日本食であったという
ことですね。


ただ、実際には、明治時代以前にも肉が食べられていたともいわれていて、
それほど大っぴらにというわけではないようですが、
鳥やイノシシ、などは良く食べられていたようです。


こうしたものは、肉類の中でもよりヘルシーなものであるとされていますが、
やはり、日本人は、そうしたあまり脂身のない肉が
好きのようです。


posted by sugo at 09:10| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。