このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年12月07日

中国料理との味の違い



というのも、やはり、日本で食べている中華料理というのは、
日本人が食べやすいように、ある程度アレンジしているものであって、
ラーメン等は特に独自の進化を遂げていると言う事になるようです。

確かに、ラーメンは、中国ではありえないようなとんこつ味や
牛乳ラーメンなどの日本独自のものがありますし、
味噌やしょうゆ味というと、これはまさに日本ならではの
調味料を使ったラーメンであると言えます。

日本人にとっては、こうしたラーメンが非常に舌にあっておいしく、
全国で、多くのお店が出来ていますが、
しかし、本場中国のラーメンは、どのようなものであるのかというと、
これはほとんど日本人が食べられないような、
辛いものがほとんどのようです。


全部が全部辛いものであるという事ではないようですが、
しかし、かなり日本人の味覚とは合わないものであるようで、
多くの人は、辛くて到底食べられないようなものであるようです。


こうしたものは、まさに民族的な好みの違いと言うものですが、
意外と日本以外のアジアの地域では、辛い料理のものや、
強烈な香辛料を使ったものなどが多く、
日本人の味覚と合わないものが多数あるという事になっています。


そういう味付けのものが好きな人は良いですが、
しかし、そう言う人ばかりではないということで、
どうしてもあまり日本人には合わない味付けのものが多いようです。

posted by sugo at 08:22| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華料理との違い



本当に日本食と言うのは、
多くのアジアの地域と比べてみても、そのどれにも属さない
特殊なものがあり、それが大変、世界でも好まれています。

こうしたものは、海に囲まれて独特な発展を遂げた日本という国
そのものを表していると言ってもいいほどですが、
しかし、その異なり方というのは、
そうした事をもってしても、大きなものであるようです。



こうした違いというものは、実際に、普段生活している中で、
日本料理とその他のくにの料理を比べてみると良くわかるのですが、
例えば、日本と近くにあって世界的にも知られている料理というと、
中国料理があります。


中国料理というと、日本でも多くの中華料理店があり、
ラーメンやギョーザ、チャーハンなどは、非常にポピュラーなもので、
欧米の食事と同じくらいアジアの料理の中では、
親しみのあるものです。

普通の人でも、日常的に中華料理は食べますし、
その味付けなんかにも、わりと慣れているはずですが、
しかし、実際に中国の人が食べているような
中華料理を食べると、
その違いに多くの人は面喰うという人が多いようです。


いつも中華料理を食べている人でも、
中国の人が日常的に食べているものを食べると、
到底食べられないと言う事がよくあるようですが、
普段の食事を見てみると、いつも食べている
中華料理とは起きく違うものがあるようです。
posted by sugo at 08:21| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。