このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年12月09日

アジアで食べられるもの



海外のものは、より刺激が強く直接体に伝わってくるようなものが
おおいですが、しかし、日本のワサビや辛子は、
そうした直接的な刺激とは違って、
体の内部に伝わるようなものでありますね。


良くワサビなんかだと、つーんとする
という表現がありますが、こうした表現をするのも
日本人だけで、それもワサビやからしだけになっていますが、
こうしたつーんと鼻にくる辛さと言うものと、
香辛料でもたらされる辛さと言うのは、
少し質が違うと言う事がわかりますね。




海外の香辛料の辛さと言うものは、
そうしたつーんとするようなものは
あまりなくて、物凄く直接的というか、
より刺激が直に伝わってくるのもが多いですが、
こういうふうに辛さであって、
まるで日本と海外のものでは、
違うということがわかります。



そもそも、辛い料理というのは、
日本ではそれほど存在せず、
また、欧米の食事でもそれほ登場しないものですが、
主にアジアでよく使われるようですね。


やはり、豊富な香辛料というものが、
その決めてであると思いますが、
イギリス発祥であるカレーも、
インドにある各種の香辛料を
イギリスに持ち帰って作り上げたというのは
有名ですね。

やはり、辛いものと言うのは、
アジアが主な原産地になっています。

posted by sugo at 11:05| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辛い味と地域の味

辛い食べ物は、やはり、日本人にはあまり合わないと言う事が
言えるようです。



少なくとも昔から日本人はそうした過度に
辛いものは食べずに、もう少しまろやかで、
薄目の味付けというものを好んできましたが、
こうしたことから、日本人が好む味付けと、
アジア全般における味付けというものは、
随分と違うものがあるとうことになりますね。


もちろん、日本でも、ある程度濃い味付けのものはあって、
地域によって、好まれる味付けというものは
随分と違いますね。

関東と関西では、その味付けが随分と違い増すし、
山一つ、川一つ越えるだけで、
大きく味付けや、料理の方法なんかが随分と
違うという事がいわれています。


こうした違いがあり、その味付けは地域によって
随分と違うものであるのですが、
しかし、中国はもちろん、そのたのアジアの地域で見られるような
香辛料を使った刺激の強い料理と言うものは、
ほとんど見られないですね。



日本だと、どうしても辛いものと言うと、
わさびやからし、唐辛子と言う事になりますが、
こうしたものとアジアで使うような香辛料と言うものを比べてみても
随分と、その辛さや刺激というのは、違いますね。

こうした辛さは、実に大きな違いだと思いますが、
日本のものと海外のものを比べると、
随分と違うものがあります。




posted by sugo at 11:04| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。