このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年12月10日

においと味も強烈


こうしたものは、匂いにまけず味も強烈で、
辛いものが苦手な人には、到底食べられないようなものが
多いとのことで、
へたなものを食べると、
後々、体の方がとんでもないことになってしまうとのことですが、
食べ物を見ても、同じアジアと言っても、
日本とは物凄く大きな違いがありますね。


こうした違いは、まさに国の違い、民族の違いということに
成りますが、特に、辛いものに関しては、

日本人がもつものとは、まるで違うものを持っているようです。



本来は、アジアの国の人ということで、
同じ様な味付けを好み、それほど変化がなくても
良いようなものですが、しかし、これだけ広く大陸に拡散していると、
知らない内に大きな変化が見られるようになるようです。


なので、それに伴って、体の方も変化してきて、
辛いものでも、まったく大丈夫な人達が出てくるのと
同時に、日本人の様に、そうしたものがほとんど食べられない
とう人達も出てきてしまいます。


こうした違いは、年を経て、徐々に出てきたものだと
思いますが、
見かけがほとんど同じようなアジアの人であっても、
食べもの、味覚ついては、まるで日本人とは異なるということが
見られます。



なので、あまり無理をしてそうした国の人達の辛い料理を
食べていると、体に合わなくて、何らかの障害が出てきてしまいます。





posted by sugo at 09:19| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香辛料のメッカ



香辛料というものは、
やはり、アジアがその本場ということで、
ほとんどのものがアジア発祥のものになっています。


特に、香辛料というと、
インドですが、インドには、数々の香辛料の
他に紅茶等も良くとれ、現在、世界中の家庭で
楽しまれている紅茶や、数々の料理に使われるものは、
ほとんどがインドからもたらされたものとなっています。


このインドにある豊富なお茶や香辛料をイギリスの
東インド株式会社が、イギリス国内に持ち込み、
それを世界へと広めたわけなのですが、
こうしたことからわかるように、アジアと言うのは、
特に香辛料を使った料理が多く、
それが効果的に使われた料理がおおいということになります。

なので、日本食と比べると、
その味はもちろん、匂いに関しても、
物凄く独特なものがあるのですが、
しかし、こうしたもののほとんどは、
日本人が食べると、
到底、食べられないようなものが多くなっています。

食べられないと言うと、少し言いすぎですが、
しかし、実際に、こうしたアジアの料理のほとんどのものは、
ふんだんに使われている香辛料の関係で、
味はもちろん、匂いも強烈なものが多く、
一度かいだだけで、もうお腹がいっぱいになるようなものが
多いようです。

posted by sugo at 09:18| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。