このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月07日

お酒を飲むこと



日本では、昔から様々な習慣やしきたりが行われていて、
そうしたものは、上げていくときりがないほどです。


そうしたものは、じつに多くのものが存在していて、
少なくとも数百年は、日本人によって、
当り前のように行われてきたことであります。

こうしたことは、非常におもしろいもので、
一体どのようなことから始まったのか、
しっかりとわかっているものから、
その出自がまるでわからないものまで、
実に多くのものがあります。


よくわからないようなしきたりというものも、
突き詰めていくと、必ず、何かしらの意味があるものであると
思いますが、本当におかしなものも沢山あります。


こうしたことが多く残っているのというのも、
まさに長い歴史を持つ日本ならではのものですが、
こうした事の中には、非常に不思議なものが
あります。

例えば、何かを行う時に、ちょっとだけお酒を飲んで、
景気付けると言う事を行いますが、
しかし、良く考えてみると、非常におかしなことというか、
今の日本人だと、あまり考えないようなことでもあります。

現代生きる日本人だと、よほどのことがない限り、
何かする時に、お酒を飲んで仕事に当たるというような
事はないですが、しかし、昔の日本人はそうしたことを
良く行っていたということで、現代とは
随分と違うことになっています。



posted by sugo at 09:27| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体にいいお酒



健康と言うものを考えると、
食べ過ぎや飲み過ぎというのは、
現金ですが、お酒の場合は、
少し飲む場合は、非常に体に良いということが
言われています。


まさに百薬の長といった感じですが、
一日に2合ほどのお酒と言うのは、
体にいい影響を与えるということで、
毎日飲むとしても、このくらいのお酒は、
楽しく飲むことができますね。


人によっては、このくらいの量でも、
酔っぱらってしまうという人もいるので、
それは個人個人によって、うまく調節するべきですが、
しかし、このくらいの量までなら、
毎日飲んだとしても、それほど悪い影響はでず、
むしろかえって体に良いということになっています。


飲み過ぎれば体を壊すものの、
しかし、適度な量であれば、逆に
体に良いということは、不思議な感じがしますが、
まさに毒にも薬にもなるということですね。

このようにお酒というものは、
飲む量によって、随分と体に現れる効果が違うのですが、
より楽しく、さらに体にもいい影響を与えるお酒と言うものを
飲むように心がけて、健康増進に励みたいものです。



お酒というものは、このように見ていくと、
実に不思議なものですが、
しかし、昔から景気付けにちょっと酒を煽ると言う事が
あったので、何かしらそういうお酒の効果というものが
わかっていたのかもしれません。

posted by sugo at 09:26| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。