このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月20日

体温が高いのは

体を冷やすと、内臓にはよくなりですし、
また、関節なども良くいためやすく、
あまり良いことがないことで有名です。

なので、体をよく動かす人は、
まずは、ウォーミングアップをして体を温めてから、
本格的に運動をするという事をしますが、
こういう風に、体を温めるというのは、
スポーツでの何でも重要になります。


これはどちらかというと、体を慣らすというようなことですが、
普段の場合は、体温を下げないということになりますね。


なので、服を着込んだり、また温かい所にいるようにして
体を冷えないようにすることが重要になるのですが、
この体の冷えというものは、実は人間が生きる上では、
物凄く大きな影響を持つことで、思う以上に体には
影響が出てくることであるそうです。

例えば、体は常に40度近い熱を持っていますが、
この体温が下がると、免疫が落ちてきてしまうということがあります。

これは、体温というものが高いおかげで、
体の細胞と言うのが活発になり、
ウィルスや菌というものをつねに潰してくれるので、
ちょっとしたことなら、何も問題ない生活が送れます。

人間が普通に生活するには、実はかなりいろいろな菌やウイルスというものに
さらされて生活しているわけですが、
しかし、その中でどうして病気にならずに、
生活出来るのかと言うと、この体温が高いおかげで、
菌やウイルスを撃退してくれるからです。


posted by sugo at 23:09| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2種類のお酒の飲み方

 では、どのような違いが現れるのかと言う事を
見ていきたいのですが、
これは冷えているのを飲むのか、
それとも温かいものを飲むのかと言う違いでもあります。


ビールや清酒といっても、どちらもアルコールであることに
変わりはないので、飲み過ぎれば、体に悪いですし、
毎日飲むにしても、少しずつ飲むのなら、
健康に良いということになります。


なので、どちらも飲み過ぎれば体に悪いし、
程度に飲めば体にいいという事になるんですが、
しかし、同じ量を飲んでいたとしても、
その飲酒には差が出てきてしまうことがあります。

これは温かいものを飲むのと、
冷たい物を飲むのとの大きな差であるのですが、
やはり、冷たいものを飲むのと温かいものを飲むのとで、
体というものには、大きな違いがあり、
特に、アルコールの場合は、それが顕著であるということだそうです。


昔から、体は冷やしていはいけないと言う事で、
体は常に温めるようにと言われています。


人間と言うのは、常に40度近い体温を持つことで、
生命を維持する、生きていると言う事になるのですが、
体が冷たくなってくると、これは決して健康に良いとは
言えない状態ということで、体が冷えないように
よく注意するよう言われています。
posted by sugo at 23:00| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。