このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月21日

体温の低い人は








なので、やはり体温と言うのは、普通の36度台であることが、
一番人間が活発に活動しやすい体温であるということが
いえるかとおもうんですが、出来れば35度台の人は、
日頃から体をよく温めておくとうことをしておきたいですね。

ただ、こういうふうに35度台の体温の人と言うのは、
あまり、こういうことに関心がないというか、
自分はもとから体温低くて当り前だからということで、
あまり気にしないと言う人が多いようです。

そのおかげで、普通の人よりは免疫が多少弱くなってしまっているのですが、
しかし、それでも、あまり気にしないで、
そういうものだからということで、
普通に生活をしています。


これも、どのような人生を送るのかと言うのは、
人それぞれであるので、それでもいいとは思いますが、
若いうちは良いものの、しかし、30代、40代と
年をとるにつれて、そうしたことも徐々に
体に響いてくるので、
出来れば早いうちに何らかの対処をして、
体を温めておきたいものです。



日頃からそうすることで、体温も少しは高くなるとは
思いますが、健康というものを考えていくと、
是非、これをしていきたいものです。

体温と免疫というと、あまり考えないと言う人も多いですが、
しかし、出来ればしっかりとこういうことも考えておきたいものです。
posted by sugo at 21:32| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体温と免疫




このように体温と免疫というものは物凄く深い関係で
結ばれていて、より健康を志すひとは、
低体温というものには、
気をつけなければいけません。


やはり、しっかりとした体温というものを
常に保つことがないと、
体調を崩しやすいのですが、
これはすべて、体温の低下による免疫力の低下によって
おこるということですね。


免疫が低下すると、菌やウイルスというものが、
活発に動いてくるようになるんですが、
少し、このことについて詳しくて行きたいと
思います。

体温というのは、通常は36度前後ということで、
普通の体調の時に体温を測ると、多くの人は、36度何分というような
数字がでます。

これは平熱とばれるもので、ほとんどの人はこのくらいの体温ですね。

たまに、これよりも低い35度台の人もいて、
こうした人は低体温ということで、冷え性だったり、
また、常に手足が冷たかったりします。


やはり、35度台だと、普段から体温が低いために、
あまり免疫が働かないというか、
36度台で、元気に生活していると言う人に比べると、
少し、精彩に欠けるというか、
線の細い印象を受けますね。

もちろん、普通に生活している本人にとっては、
それほど何か特別悪いということがあるわけではないようなんですが、
しかし、やはり、どこか元気がない感じはしますね。
posted by sugo at 21:26| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。