このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年02月15日

甲状腺を冷やすと

この甲状腺がホルモンというものを分泌し、
そのホルモンが代謝を活性化させたりします。


なので、非常に重要な器官であって、何かあると
喉を温めなければいけないと言う事で、
風邪をひいた時に喉にタオルを巻いたり、
また、マフラーを巻いたりするのも、
この甲状腺を温める為に行います。


日本だと、ねぎを巻きつけたりすることもありますが、
しかし、ストールやバンダナを巻いたりする人もいて、
何かしら首を温めるということをしています。


こういうときに、何を温めているのかと言うと、
ほとんどの場合は、甲状腺であり、
それだけ重要な器官であると、昔からいわれていたということですね。


最近では、ヨウ素がたまりやすいということで、
甲状腺マーカーなどで、甲状腺を検査することもありますが、
いずれにしろ、非常に重要な器官になります。


やはり、ここのところを冷やしていはいけないのですが、
しかし、冷たい物を飲んだりすると、
もろに甲状腺を冷やしてしまうということで、
あまり冷たいものは飲まない方が良いと言われていますね。


誰でも熱い時には、冷たい物を飲んだりしますが、
しかし、そうして冷たい物を飲むと、
確実に甲状腺は冷えてしまって、
その働きは鈍くなるとのことです。
posted by sugo at 11:19| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒と甲状腺



このように温かいお酒を飲む国と言うのは、
日本だけではなくてどこにでもあるのですが、
しかし、これは少し特別な飲み方と言うか、
普段はあまりのまなくて、少し特別な飲み方でありますね。



なので、日本ほど温かいお酒を飲む国もないようなんですが、
やはり、お酒というのは、冷やで飲むよりも
温かいものを飲む方が良いようです。


これは、やはりアルコールというものは、
体に起きく影響を与えるものであって、
その影響によって、かなり免疫にに影響が出るという事です。


少量のアルコールを飲むのであれば、これは逆に
体に良い物ですが、しかし、飲みすぎると、
体を壊してしまうというのは、だれにもわかることですね。


なので、あまり飲み過ぎは厳禁なのですが、
しかし、それ以外にも気をつけることはあって、
冷たいアルコールを飲むことは、かなり影響があるとのことです。


この影響はどこに現れるかと言うと、甲状腺に現れます。



お酒を飲むと、一番に体に触れるのは、口から喉、食道、
胃という事になっていきますが、
その中でも、一番重要なものは甲状腺になります、


甲状腺というと、喉にある非常に重要な器官で、人間が生きるために
ホルモンを分泌しています。
このホルモンは非常に重要なものになっています。
posted by sugo at 11:11| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

ホットワイン




ビールの飲み方はそういう風に国によって
異なるのですが、ワインにおいても、多少異なるものがあるようです。

ワインだと、大抵は、常温のものを楽しむもので、
こだわりのある人は、ワインセラーを購入して、
温度を調整する部屋でよくワインを寝かせておいて、
頃合いを見計らって飲むようにするということをしますね。

なので、どちらかというと、ワインは常温で楽しむもので、
ビールのように冷やして飲むということは
ないようです。


ただ、ワインの場合は、常温で飲むものであるのですが、
しかし、ビールと同じく温めて飲むことがあるようです。


これはホットビールよりは、だいぶ一般的な感じも
しますが、ホットワインというものは飲まれていますね。


やはり、寒い所で飲むことが多いようですが、
日本でも北海道などでは、ホテルなどでホットワインを
出してくる所があります。


本州でも寒い時には穂つとワインを飲むという人もいて、
飲み方としては、かなりポピュラーにもなっています。



ビールに続いて、ワインにも温めて飲むことがあるのですが、
やはり、どこの国であってもお酒を温めて飲むというのは、
普通にあるようです。

ただ、日本ほど、それが一般的かというと、
さすがにそれはないようですが、一応そうした
飲み方もあるようです。
posted by sugo at 22:35| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビールの飲み方


ただ、温かいお酒を飲む習慣がないとは言うものの、
実際にはいくらかあるようで、日本以外でも温かいものを
飲むことがあるようです。


例えば、冷たい物を飲むことで有名な
ビールがありますが、このビールも、
実はドイツやべルギーでは、
ホットビールというものも
飲むようです。


やはり、どこの国でも温かいものを飲むことがあるようで、
ビールを温めて飲むこともあるそうです。

あまり日本では考えられないことですが、
しかし、ビールにショウガやはちみつ、シナモンなどを入れて、
それで温めてビールを飲むというのが、
伝統的に残っていて、多くの人が飲まれているようです。


日本では、まずありえないことですが、
しかし、ビールの本場であるドイツやベルギーでは、
古くからある飲み方で、冬に飲むものであるようです。



ビールは冷たい物を飲むものと言う感じがしていますが、
しかし、本来のビールと言うのは、冷やさずにそのま飲むのが
普通のことということで、ビールの本場では常温のものも
良く飲まれるとのことです。

やはり、同じお酒であっても国が変わると
飲み方が大きく変化するものですが、
ビールについては、他のお酒に比べて気候なども関係して、特にそれが大きいのかもしれないですね。
posted by sugo at 22:24| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

清酒と焼酎

やはり、外国のお酒と言うのは、ビールに代表されるように
冷えたものを飲むことが多いようなのですが、
あまり温かいアルコールを飲むという文化はないようです。

なので、熱燗を飲むというようなことは、
本当に珍しい事のようなのですが、他のお酒では、
温めて飲むということはないようです。

寒い地域でもあまりこれは見られないようで、
例えば、ロシアのような寒い地域であっても、
温かいお酒を飲むと言う事はなくて、
アルコール度数の強いウォッカを飲んで、
それで体を温めると言う事になっています。


あれだけ度数の強いものを飲んでいると、
すぐに酔っぱらってしまいますが、
しかし、寒い地域と言っても、あまりアルコールを
温めて飲むと言う事はないようです。


なので、日本の熱燗というものは、
非常に珍しいもののようです。

また焼酎なども、水割りをすることもありますが、
しかし、お湯やお茶、ウーロン茶で割っても飲める
ということで、随分と温かくして飲むことができますね。

これもわりと珍しいお酒ですが、
果汁をベースにして割って、チュ―ハイを作ることもありますが、
しかし、同時に温かいものも作るということで、
随分と珍しいお酒になっています。
昔は、清酒と焼酎がメインだったので、
温めて飲む人が多かったですね。
posted by sugo at 22:19| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷えたアルコールは

お酒の飲み方というと、海外では主に冷えたものを飲みますが、
日本では昔から暖かい物を飲んでいました。
清酒を温めた熱燗を、昔は主に飲んでいましたが、
今ではあまり熱燗をすることはなくて、
清酒を飲むことすらあまりなしですね。

これはやはり、ビールなどが、非常に人気で、
誰もが飲むポピュラーなものになっていますし、
また、ワインなども、健康に良いということで、
多くの人に呑まれています。

現在だと、やはり、清酒を飲むよりもビールを飲んだり、
ワインを飲んだりすることの方が多いと思うんですが、
やはり、これが体を大きく害するものでもあるようです。


お酒は何でも飲み過ぎると、体に悪いのは当たり前ですが、
それほど飲み過ぎなくても体に悪い飲み方というものがあり、
現代のお酒の飲み方というのは、ほとんどの場合が、
あまり体にいい飲み方ではないようです。

というのも、冷えたアルコールを飲むと言う事が、
あまり体に良くないと言う事で、
昔の日本人は、そうした事を考えて、温かいものを
飲んでいたのではないかともいわれています。


夏なんかだと、ある程度、冷えたものを飲んでしまいますが、
しかし、ビールだと冬でも冷えたものを飲むということで、随分と
体を冷やしてしまいますね。
posted by sugo at 22:12| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。