このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年02月15日

甲状腺を冷やすと

この甲状腺がホルモンというものを分泌し、
そのホルモンが代謝を活性化させたりします。


なので、非常に重要な器官であって、何かあると
喉を温めなければいけないと言う事で、
風邪をひいた時に喉にタオルを巻いたり、
また、マフラーを巻いたりするのも、
この甲状腺を温める為に行います。


日本だと、ねぎを巻きつけたりすることもありますが、
しかし、ストールやバンダナを巻いたりする人もいて、
何かしら首を温めるということをしています。


こういうときに、何を温めているのかと言うと、
ほとんどの場合は、甲状腺であり、
それだけ重要な器官であると、昔からいわれていたということですね。


最近では、ヨウ素がたまりやすいということで、
甲状腺マーカーなどで、甲状腺を検査することもありますが、
いずれにしろ、非常に重要な器官になります。


やはり、ここのところを冷やしていはいけないのですが、
しかし、冷たい物を飲んだりすると、
もろに甲状腺を冷やしてしまうということで、
あまり冷たいものは飲まない方が良いと言われていますね。


誰でも熱い時には、冷たい物を飲んだりしますが、
しかし、そうして冷たい物を飲むと、
確実に甲状腺は冷えてしまって、
その働きは鈍くなるとのことです。
posted by sugo at 11:19| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒と甲状腺



このように温かいお酒を飲む国と言うのは、
日本だけではなくてどこにでもあるのですが、
しかし、これは少し特別な飲み方と言うか、
普段はあまりのまなくて、少し特別な飲み方でありますね。



なので、日本ほど温かいお酒を飲む国もないようなんですが、
やはり、お酒というのは、冷やで飲むよりも
温かいものを飲む方が良いようです。


これは、やはりアルコールというものは、
体に起きく影響を与えるものであって、
その影響によって、かなり免疫にに影響が出るという事です。


少量のアルコールを飲むのであれば、これは逆に
体に良い物ですが、しかし、飲みすぎると、
体を壊してしまうというのは、だれにもわかることですね。


なので、あまり飲み過ぎは厳禁なのですが、
しかし、それ以外にも気をつけることはあって、
冷たいアルコールを飲むことは、かなり影響があるとのことです。


この影響はどこに現れるかと言うと、甲状腺に現れます。



お酒を飲むと、一番に体に触れるのは、口から喉、食道、
胃という事になっていきますが、
その中でも、一番重要なものは甲状腺になります、


甲状腺というと、喉にある非常に重要な器官で、人間が生きるために
ホルモンを分泌しています。
このホルモンは非常に重要なものになっています。
posted by sugo at 11:11| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。