このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年10月26日

加工品の表示と表現

遺伝子組み換え農作物の表示や、表現と言うものについて見ていきたいと思うんですが、
農林水産省が、定める遺伝所組み換えの農作物に関する
表示と言うものは、いかのようになるようです。


まずは、枝豆や大豆もやしを含む大豆、トウモロコシ、
ばれしょ、なたね、綿花、
アルファルファ、てん菜をつかった加工品のものは、
遺伝子組み換え農産物の使用は表示されるようです。

ただ、そうして遺伝子組み換えの農作物が使われていても、
表示されない場合もあるとのことで、大豆(枝豆、だいずもやしを含む)、とうもろこし、
ばれいしょ、なたね、綿花、アルファルファ、てん菜がいずれも
食品のおもな原料ではないと言うような場合というのは、
遺伝子組み換えのものを使用しているかどうか
ということは、表示する義務はないとのことです。

また、もちろん、遺伝子組み換えではない農産物を原材料として
使っている場合は、表示の義務はありません。

そして、遺伝子組み換え食品が使われている加工食品の
票ゲbにつ知恵は、
「遺伝子組み換え」、「遺伝子組み換えのものを分別」という表示は、
「遺伝子組み換え農産物を使っている(遺伝子組み換え農産物と、
そうでないものとを混ざらないように管理されている)という表現になるようです。。
posted by sugo at 06:44| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。