このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月11日

飲んでも飲まれるな




より統計的に、お酒というものの
効果がはっきりとされてきているわけなのですが、
飲み過ぎれば体に悪いし、適度に飲めば健康に良いしということで、
飲み方次第で、薬にもなれば毒にもなるということで、
本当に飲み方に注意をしたいものです。



このお酒の飲み方で、適度な量、健康に良いとされる量と言うのは、
一日2合ということなので、
できればそのくらいの量をしっかりと守って楽しくお酒を
飲みたいものです。



こうしたりょうとうものをしっかりと守って、
美味しいお酒を飲むのならば、
それは非常に健康に良いものであるのですが、
しかし、お酒と言うのは毎日飲んでいると、
次第に体がお酒になれてきてしまって、

少しの量では物足りなくなってしまうと言う事がありますね。



こういうことは、だれにでも起こることですが、
やはりこうなってしまうと、徐々に酒量が増えてしまうということで、
どうにも悪い方向に行ってしまいがちです。


そうはならないようにお酒を飲む時には、しっかりと
適度を守って飲酒したいものです。

なので、酒は飲んでも飲まれるなということが
よく言われますが、まさにその通りで、
飲まれ過ぎてしまって、健康を害さないように、
よく注意をしてお酒を飲みたいものです。
posted by sugo at 22:59| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。