このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月11日

昔のお酒の飲み方は




お酒というものも、本当に体の良い飲み方から、
体に悪い飲み方まで、色々なものがあるのですが、
しかし、日本人のお酒の飲み方と言うと、
本当は現代のものとは少し違っていたということが
あります。


なので、そこのところを少し見ていきたいのですが、

日本ではお酒というものは、百薬の長というものであると
言われていて、体には良いものであると
されているのですが、
しかし、こうした飲み方は、実際には、現代の日本のお酒の
飲み方とは、随分と大きく異なるものがありました。



現代の日本では、お酒と言うと、清酒に始まり、焼酎にビール、
ウィスキー、カクテルなどなど、そうとうな数のものがあります。


他の国でも、色々なお酒があるとは思いますが、
しかし、日本では、本当にお酒の種類が多くて、
また、飲みやすい物が多いと言う事で有名です。



昔の日本では、清酒に焼酎、さらにはどぶろくといったようなものが
ほとんどで、そうったものしかなかったのが事実かと
思います。

なので、今、多くの人が飲むようにビールがあったり、
また、ワインがあったりしたということではなかったのですが、

当時の日本のお酒の特徴と言うと、
やはり、温めたお酒を銚子で少しずつ飲むというような
ことでした。

posted by sugo at 23:07| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。