このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月22日

体温が一度下がると





なので、日頃から体温を上げていくという事を
していくことが重要になるのですが、
しかし、日頃から体温が低い人と言うのは、
なかなか、そういうことを意識しないというか、
あまり気にしないということになっています。


どこにでも、こうした体温が低い人、
低体温の人と言うのはいますが、
そういう人たちに共通しているのが、
あまり自分の体温が低いと言う事に興味がないということですね。


あまりよくない傾向ではあると思うんですが、
しかし、本人がその気にならなければ何もできないということで、
本当に困ってしまいますね。

こればかりは、あまり他人がどうこう言ってもしかたが
ないのですが、
しかし、体温がさがると具体的には、
どのようなことになるのかということを見ていきたいと思います。

まず、平均体温というものが1度下がると、免疫力が37%下がるということになります。

たった1度体温が下がるだけで、
免疫力が約四割も下がると言う事で、
これは本当に大きなことですね。


これだけ免疫が下がってくると、
普通であれば何でもないようなことであっても、
病気になる確率がたかくなってしまいます。


これは、体の中にあるウイルスや菌が、
殺されることなく活動してしまうということなのですが、
しかし、よく見るとかなり大きな影響がありますね。
posted by sugo at 22:42| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。