このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月28日

外国のお酒を飲むようになったのは




外国から入ってきたお酒というのが、
随分と多く、普通にお酒を飲むと言うと、
ほとんどの場合は、ビールなり、ワイン、
カクテルというよなことになります。


普通にスーパーなどで売られているのも、
やはり、缶ビールや、缶のカクテルや、
ハイボールが多く、瓶ではワインが圧倒的に多くなっています。


こうしたことから、お酒と言うと、
ほとんどの場合がビールやワインを指す人が多いのですが、
しかし、日本人が昔から飲んできたお酒と言うと、
これは清酒や焼酎、さらには、どぶろくというようなものになりますね。



本来は、ビールもワインも日本に存在しておらずに、
そうしたものを飲むということは、
昔の日本人には、ありえない事でした。


ただ、ワインに関しては、舶来物と呼ばれていた、
外国のものが好きな織田信長が、
好んで飲んでいたということがあります。


ただ、これについては、あくまで個人的に
飲んでいただけで、それほど多くの人が飲んでいた
という事ではなったので、ほとんど無視していいと思いますが、
このようなり例外を除くと、ほとんどの人が日本酒や焼以外の
お酒は飲んだことなかったようです。

日本人にとってお酒というと、これは清酒や焼酎という
事に決まっていたのですが、しかし、現代では
それが見事にひっくり返っていますね。


posted by sugo at 19:23| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。