このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月31日

ワインを毎日飲むと



ワインにはポリフェノールが含まれているということで、
多くの人に愛されて、飲まれてるのですが、
飲めば飲むほど健康に良いお酒と言うと、
これは本当に珍しいですね。


ビールなんかだと、まず、こうhした事はないですが、
しかし、ワインの場合は、ポリフェノールが
大きな意味をもっています。


なので、あまりワインは他のお酒とは違う感じがしますが、
しかし、その他のお酒というと、これはほとんどの場合が、
飲んでもそれほど体にいい影響はないですね。


もちろん、毎日2合くらいまでなら、
毎日飲んでも、お酒を飲まない人よりも
健康に良いと言う事はありますが、
これはあくまでお酒そのものが、
ワインのように健康に良いと言うよりは、
お酒を飲むという行為が、
体にいいと言う事で、少し違っていますね。


なので、できればワインを毎日2合ほど
飲むと、より体に良いような気もしますが、
体のことを考えると、
こうしたお酒も健康を増進していくれるということで、
良いものです。


しかし、これはあくまで適量を飲むと健康に良いと言う事で、
飲みすぎると、すぐに何かしら悪いことが
起きてしまうので注意が必要です。

特にお酒の場合は、すぐに体が慣れてしまって、
酒量が上がってしまうので、これは気をつけないといけないですね。
posted by sugo at 23:03| Comment(1) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

体温が高いのは

体を冷やすと、内臓にはよくなりですし、
また、関節なども良くいためやすく、
あまり良いことがないことで有名です。

なので、体をよく動かす人は、
まずは、ウォーミングアップをして体を温めてから、
本格的に運動をするという事をしますが、
こういう風に、体を温めるというのは、
スポーツでの何でも重要になります。


これはどちらかというと、体を慣らすというようなことですが、
普段の場合は、体温を下げないということになりますね。


なので、服を着込んだり、また温かい所にいるようにして
体を冷えないようにすることが重要になるのですが、
この体の冷えというものは、実は人間が生きる上では、
物凄く大きな影響を持つことで、思う以上に体には
影響が出てくることであるそうです。

例えば、体は常に40度近い熱を持っていますが、
この体温が下がると、免疫が落ちてきてしまうということがあります。

これは、体温というものが高いおかげで、
体の細胞と言うのが活発になり、
ウィルスや菌というものをつねに潰してくれるので、
ちょっとしたことなら、何も問題ない生活が送れます。

人間が普通に生活するには、実はかなりいろいろな菌やウイルスというものに
さらされて生活しているわけですが、
しかし、その中でどうして病気にならずに、
生活出来るのかと言うと、この体温が高いおかげで、
菌やウイルスを撃退してくれるからです。


posted by sugo at 23:09| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2種類のお酒の飲み方

 では、どのような違いが現れるのかと言う事を
見ていきたいのですが、
これは冷えているのを飲むのか、
それとも温かいものを飲むのかと言う違いでもあります。


ビールや清酒といっても、どちらもアルコールであることに
変わりはないので、飲み過ぎれば、体に悪いですし、
毎日飲むにしても、少しずつ飲むのなら、
健康に良いということになります。


なので、どちらも飲み過ぎれば体に悪いし、
程度に飲めば体にいいという事になるんですが、
しかし、同じ量を飲んでいたとしても、
その飲酒には差が出てきてしまうことがあります。

これは温かいものを飲むのと、
冷たい物を飲むのとの大きな差であるのですが、
やはり、冷たいものを飲むのと温かいものを飲むのとで、
体というものには、大きな違いがあり、
特に、アルコールの場合は、それが顕著であるということだそうです。


昔から、体は冷やしていはいけないと言う事で、
体は常に温めるようにと言われています。


人間と言うのは、常に40度近い体温を持つことで、
生命を維持する、生きていると言う事になるのですが、
体が冷たくなってくると、これは決して健康に良いとは
言えない状態ということで、体が冷えないように
よく注意するよう言われています。
posted by sugo at 23:00| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

昔の飲み方


このようにまずはお酒をのむ時には
ビールを飲むという事になっているのですが、
しかし、これは昔の日本にはなかったということで、
随分と、お酒の飲み方というのは変わったものだと
思います。


少なくとも戦前には、ビールを飲むと言う習慣はあまりなくて、
お酒を飲むというと、清酒か焼酎というのが
お決まりであった事かと思います。

これはほぼ、まちがいないことで、
実際に、当時のお酒と言えば、
清酒か焼酎が普通にいうお酒というものでした。


なので、戦前生まれの人たちと言うのは、
今でも、お酒を飲むというと焼酎や清酒を飲みますが、
世代によって、飲むお酒が変わり、その飲み方が大きく異なるという
ことが見れます。


これは生まれた時代や、現在の年齢なんかが大きく
影響してきますが、やはりビールを飲む世代と、
清酒、焼酎を飲む世代といえます。


一言で、お酒を飲むと言っても、世代によっては、実に大きな
違いがあるのですが、この飲むお酒の違いというものが、
随分と健康、体にも影響してくるのだと思いますが、
飲み方とお酒の種類というものが、
お酒と健康とうものには、随分と響いてきます。


こえについても良く見ていきたいと思うですが、
ビールをよく飲む人と、清酒をよく飲む人では、
おのずから、現れてくる結果が大きく異なってきますね。

これはお酒と飲み方の違いということで、
非常に面白いものです。




posted by sugo at 00:22| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲み方の違い




こうしたお酒の飲み方というのは、
わりと珍しいのかなと言う感じがしますが、
まずは、一回一回の飲む量が少ないということと、
それと何よりも温めてお酒を飲むということで、
ここの所が他の国でお酒を飲むと言う事とは
大きく違っていたりします。



他の国だと、やはり、かなりがぶ飲みをしたりするようなことが
多くて、大きなグラスでぐいぐい飲むと言う感じが
します。


もちろん、これは人によって大きく飲み方が違うものですが、
しかし、割とこうした飲み方が一般的でした。


現代の日本でも、どちらかというとこうしたぐいぐいと
大きなグラスで飲むというような感じがしますが、
飲み方と言うと、こうhした飲み方になっていますね。


お酒を飲む時というのは、「とりあえずビール」と言われるように、
まずは、ビールを飲むと言う人が多いのですが、
しかし、このビールと言うものは、
昔の日本にはなかったもので、
欧米から持ち込まれたものですね。

なので、本来はこれは日本ではなかった物であるのですが、
しかし、いつのまにかお酒と言うと、
ビールという風に見られるようになっていて、
「とりあえず、ビール」というような
ことになってしまいました。

なので飲み会がある時には、
必ずとりあえずビールということがいわれると思いますが、
それだけ一般的なものにもなりました。


posted by sugo at 00:21| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

昔のお酒の飲み方は




お酒というものも、本当に体の良い飲み方から、
体に悪い飲み方まで、色々なものがあるのですが、
しかし、日本人のお酒の飲み方と言うと、
本当は現代のものとは少し違っていたということが
あります。


なので、そこのところを少し見ていきたいのですが、

日本ではお酒というものは、百薬の長というものであると
言われていて、体には良いものであると
されているのですが、
しかし、こうした飲み方は、実際には、現代の日本のお酒の
飲み方とは、随分と大きく異なるものがありました。



現代の日本では、お酒と言うと、清酒に始まり、焼酎にビール、
ウィスキー、カクテルなどなど、そうとうな数のものがあります。


他の国でも、色々なお酒があるとは思いますが、
しかし、日本では、本当にお酒の種類が多くて、
また、飲みやすい物が多いと言う事で有名です。



昔の日本では、清酒に焼酎、さらにはどぶろくといったようなものが
ほとんどで、そうったものしかなかったのが事実かと
思います。

なので、今、多くの人が飲むようにビールがあったり、
また、ワインがあったりしたということではなかったのですが、

当時の日本のお酒の特徴と言うと、
やはり、温めたお酒を銚子で少しずつ飲むというような
ことでした。

posted by sugo at 23:07| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲んでも飲まれるな




より統計的に、お酒というものの
効果がはっきりとされてきているわけなのですが、
飲み過ぎれば体に悪いし、適度に飲めば健康に良いしということで、
飲み方次第で、薬にもなれば毒にもなるということで、
本当に飲み方に注意をしたいものです。



このお酒の飲み方で、適度な量、健康に良いとされる量と言うのは、
一日2合ということなので、
できればそのくらいの量をしっかりと守って楽しくお酒を
飲みたいものです。



こうしたりょうとうものをしっかりと守って、
美味しいお酒を飲むのならば、
それは非常に健康に良いものであるのですが、
しかし、お酒と言うのは毎日飲んでいると、
次第に体がお酒になれてきてしまって、

少しの量では物足りなくなってしまうと言う事がありますね。



こういうことは、だれにでも起こることですが、
やはりこうなってしまうと、徐々に酒量が増えてしまうということで、
どうにも悪い方向に行ってしまいがちです。


そうはならないようにお酒を飲む時には、しっかりと
適度を守って飲酒したいものです。

なので、酒は飲んでも飲まれるなということが
よく言われますが、まさにその通りで、
飲まれ過ぎてしまって、健康を害さないように、
よく注意をしてお酒を飲みたいものです。
posted by sugo at 22:59| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

Jカーブ効果











こうしたお酒の効果というものを、
昔の人は知っていたと言うことになるのだと思いますが、
お猪口に一杯程度、軽く飲みほしてから、何かを
行うと、体が良く目覚めて普段よりも良い動きができるようです。

こうした事も、日本人の知恵でありますが、
まじめで勤勉でありながらも、
同時に、こうしたよくわからない風習があるというのも、
何かしらのしっかりとした意味があるということに
なるようです。



さすがに、直感力に優れた昔の日本人と言う感じがしますが、
現代ではなかなか、こういう事も出来ないですが、
しかし、車を運転するなどしない時には、
何か行う時には、ちょっとだけお酒を口に含んで、
行動をするというのも、能力を上げるにはいいようです。


また、お酒にはJカーブと呼ばれるものがあり、
これはイギリスのマーマット博士が発表した
ものです。


疫学的な調査による{飲酒と死亡率のJカーブ効果」というもので、
毎日、お酒を適量、飲む人は飲まない人に対して、
心筋梗塞、冠動脈疾患による死亡率が低いという
データがあり、逆に毎日大量に飲酒する人は、
冠動脈疾患による死亡率が高くなっているとのことで、
まさに、薬にもなるし、毒にもなると言う
お酒の特徴をよく表した物といえますね。
posted by sugo at 09:09| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんのちょっとのお酒の効果











日本人というと、このように非常にまじめで勤勉で

高い技術力を持っているという風に理解されているのですが、
しかし、
時折、それに反したようなおかしな風習があって、
現代人が見ると、驚いてしまうようなものがあります。


それは、お祭りであったり、
また日常生活の中にあったりするのですが、
こうした事を現代人が見ると非常に奇異な感じを受けます。


普段、まじめでお酒は仕事が終わってから、飲むこと常識である日本人で
あるにも関わらず、なぜか何か行う前に景気づけに、
お酒を飲んだりします。


こうした事は、ただに景気づけに酒をあおるということに
感じてしまいますが、しかし、実際には、それはもう少し
違った意味があるのではないかと言う気がします。


というのも、お酒というのは飲みすぎると、
すぐに酔っぱらってしまいますが、
しかし、ほんの少し飲む程度であれば、
逆に体を活性化させるというような効果があります。

なので、ほんの少しのお酒を飲むのであれば、
逆に体と言うものが活性化して、
よく筋肉が動くようになるのですが、
まさに、こうした飲み方は薬としての効果が高い
飲み方で、普通の飲酒とは違うものがありますね。

ほんの少しのお酒というのがポイントなのですが、
こうした事で自分の能力を上げる効果があるようです。


posted by sugo at 09:08| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

世界の国から見ると



日本人と言うと、現在であっても
このイメージが強く、電化製品や車といったものを
買う際には、必ず日本のものを買うと言う国が
多くあります。


現在では、日本の家電と言うと、少し劣勢ですが、
しかし、日本製のものが一つのブランドとして、
確立されていて、それを買う事が一種のステータスになっているという
国が多くあります。



こうした国々の人にとっては、
日本製のものというのは、車でも何でも、
非常に優れたブランド物と言う感じがするようなのですが、
日本人が聞いても、こうしたことは驚いてしまいますね。


日本人にしてみると、それはアメリカの製品や、
ヨーロッパのものと言う感じしますが、
しかし、世界中の多くの国であっては、
日本製にものが、すぐれたブランド物であるという国が
多くあるようです。


なので、日本の物を買うと言うのは、
日本人が思う以上に大きなステータスであるようなのですが、
こうしたものを生み出したのも、
日本人のきまじめな性格が生み出した、
技術力であるというのは間違いないですね。


なので、こうした技術力や勤勉さというものは、
日本人にとっての大きな特徴の一つであるのですが、
しかし、それによって日本人が健康を損なうということも
あったりして、日本人にとっては、
あまりに当たり前すぎて、
それほど優れているとは感じないようになっています




posted by sugo at 08:29| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

景気づけの一杯と勤勉さ



日本では、じつに変わったお酒の飲み方をしますが、
こうしたものはやはり、日本だけのようですね。

何かある時に景気付けで、おちょこに一杯、清酒を
あおるということがあるますが、
これは本当に、不思議なものであるように思います。


日本人というと、世界的に見ても、
非常にまじめで勤勉ということで有名で、
こうした性質があるからこそ、
戦後の荒廃から、世界一ともいえるような
経済大国へと変貌を遂げました。


これは、戦後の荒廃の中から、
日本をもう一度建てなおそうとする
強い思いが、
そうした事を可能にさせたとも思いますが、
しかし、それを根本から支えていたのは、
世界的に見ても、まじめすぎるほどまじめな
日本人の性質があります。


こうした事があるが故に、非常に働きもので、
朝から晩まで、一生懸命働くということに現れれるのですが、
こうしたことが、戦後の復興に大きな役割を
果たしていたという事が言えます。



これは間違いのないことであるのですが、
現在であってもこうしたようなことは十分に生きています。


世界にいっても
日本人のイメージというと、
勤勉でまじめというイメージがありますし、
同時に、何に対してでも現れる
優れた技術力と言う事がすぐに上げられます。
posted by sugo at 08:29| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

お酒を飲むこと



日本では、昔から様々な習慣やしきたりが行われていて、
そうしたものは、上げていくときりがないほどです。


そうしたものは、じつに多くのものが存在していて、
少なくとも数百年は、日本人によって、
当り前のように行われてきたことであります。

こうしたことは、非常におもしろいもので、
一体どのようなことから始まったのか、
しっかりとわかっているものから、
その出自がまるでわからないものまで、
実に多くのものがあります。


よくわからないようなしきたりというものも、
突き詰めていくと、必ず、何かしらの意味があるものであると
思いますが、本当におかしなものも沢山あります。


こうしたことが多く残っているのというのも、
まさに長い歴史を持つ日本ならではのものですが、
こうした事の中には、非常に不思議なものが
あります。

例えば、何かを行う時に、ちょっとだけお酒を飲んで、
景気付けると言う事を行いますが、
しかし、良く考えてみると、非常におかしなことというか、
今の日本人だと、あまり考えないようなことでもあります。

現代生きる日本人だと、よほどのことがない限り、
何かする時に、お酒を飲んで仕事に当たるというような
事はないですが、しかし、昔の日本人はそうしたことを
良く行っていたということで、現代とは
随分と違うことになっています。



posted by sugo at 09:27| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体にいいお酒



健康と言うものを考えると、
食べ過ぎや飲み過ぎというのは、
現金ですが、お酒の場合は、
少し飲む場合は、非常に体に良いということが
言われています。


まさに百薬の長といった感じですが、
一日に2合ほどのお酒と言うのは、
体にいい影響を与えるということで、
毎日飲むとしても、このくらいのお酒は、
楽しく飲むことができますね。


人によっては、このくらいの量でも、
酔っぱらってしまうという人もいるので、
それは個人個人によって、うまく調節するべきですが、
しかし、このくらいの量までなら、
毎日飲んだとしても、それほど悪い影響はでず、
むしろかえって体に良いということになっています。


飲み過ぎれば体を壊すものの、
しかし、適度な量であれば、逆に
体に良いということは、不思議な感じがしますが、
まさに毒にも薬にもなるということですね。

このようにお酒というものは、
飲む量によって、随分と体に現れる効果が違うのですが、
より楽しく、さらに体にもいい影響を与えるお酒と言うものを
飲むように心がけて、健康増進に励みたいものです。



お酒というものは、このように見ていくと、
実に不思議なものですが、
しかし、昔から景気付けにちょっと酒を煽ると言う事が
あったので、何かしらそういうお酒の効果というものが
わかっていたのかもしれません。

posted by sugo at 09:26| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

飲みすぎることはないように



このようにお酒といっても、
自分で飲むだけではなくて、
その他にもいろいろな用途があるのですが、
しかし、個人的に飲むと言う場合には、
飲み過ぎには注意ですね。


飲み過ぎてしまうと、本当に良いことは
一つもないですが、体を壊してしまっても、
飲み続けたいというような人もいるということで、
こういう事にはならないようにしたいものです。




どうしてもお酒と言うものは、
飲み続けるうちに強くなってしまって、
どんどん飲めるようになってしまいます。

これがある為に、初めは小量であったものが、
いつしかかなり沢山の量を飲めるようになるんですが、
しかし、そうなればなるほど体には
負担がかかるということで、
いつのまにか体を壊してしまうということになります。


こういうことはよくあることですが、
いくらでもお酒が飲めるというような人であっても、
少し年をとってみると、その分だけ必ず、
体に影響が出てくると言う事があって、
後になってから体を壊すと言う事があります。


こういうことがあるので、お酒の飲み過ぎと言うのは、
怖いのですが、体というものを大事にしたい時には、
絶対に飲みすぎないようにしたいものです。


こういうことになって、後から後悔するのは、
本当に辛いものですが、しかし、ついつい飲み過ぎてしまっては、
こういうことが起きてしまいます。






posted by sugo at 09:02| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒について



お酒と言うものは、日本人に限らず世界中で
多くの人が楽しくお酒を飲んでいますが、
しかし、ほどほどのおさけは良いものの、
飲み過ぎてしまうと、恐ろしいものですね。


たまにお酒を飲んで、それで少し飲み過ぎたというような
場合は良いですが、しかし、日常から飲みすぎたいるような
場合は、かなり気をつけないといけないですね。



あんまりにも飲みすぎるとアルコール依存症になってしまうので、
本当に気をつけたいものですが、飲みすぎだけはしないようにしたいものです。


昔から、酒は百薬の長といわれるほどに、体にいいものであるとして、
知られています。

このように正しく飲むと、
非常に体にいいもので、料理はもちろん、
実際に薬としても使われています。


料理の中では、日本料理にも酒をいれたり、
またワインを使ったりするものがあって、
随分と使われるものですが、
こうしたことからもお酒と言うのは、
本当に使い勝手のいいものであります。


料理に対しても使える嗜好品というと、
お酒以外のものは、
あまりないと思いますが、
しかし、お酒は普通に飲むだけではなくて、
こういうふうに料理にも使えます。


また、神棚にささげたり、
儀式に使われたりと、
こうした宗教儀式にもいろいろと使われるので、
本当に珍しい嗜好品と言えます。
posted by sugo at 09:01| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

体調を崩さないように



こういうことをしてしまうと、
胃にかなりの負担がかかってしまって、
消化に悪いと言われていますが、
何となくそれは、すぐにわかりますね。



ただでさえ、食べ過ぎてしまうお正月なので、
その食べ方や食べる時間には、よく気をつけたいものですが、
あまり気を緩みすぎないようにして行きたいものです。


しかし、どうしてもお正月休みということで、
気が緩んでしまって、ついつい、そういうことになりやすいのですが、
後々に後悔しないように気をつけたいものです。



お正月も終わると、またいつも通りの生活に戻るので、
あまり休みだといって、ゆるみすぎないようにしたいものですが、
太るというのはもちろん、体も悪くしないように
注意したいものです。



お酒を飲みすぎたり、食べ過ぎたりということから、
体の調子を壊したりしないようにしたいものですが、
特にお酒の飲み過ぎには要注意ですね。


しかも、お正月が終わっても、
新年会があったりして、
続いてお酒を飲む機会が多いと言う人もいるので、
そう言う時には、あまり飲みすぎたりしないように、
注意しないといけないですね。


年末から、忘年会にお正月、新年会と続いて行くと、
これは体に相当な負担がかかってしまっていますが、
できればそう言う事も頭に入れて、これからの新年会などを
迎えて、楽しいお酒を飲みたいものです。
posted by sugo at 09:21| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


2013年ということで、今年も昨年以上に
素晴らしい年になるようにお祈りしております。


今年も、健康というものについて、さまざまなことを
書いていこうと思いますが、
お正月ということで、健康を損なうことは
あまりないですが、
一番気になるのは、美味しい物ばかり食べて、
すっかり太ってしまうことですね。



どうしてもこの時期は、お正月ということで、
普段食べないようなものばかり出てきて、
たくさん食べてしまいますが、
それで太ってしまうという事が多いようです。



あまり食べ過ぎるのも、本当に体に悪いですが、
出来れば、腹八分目に抑えたいものです。

しかし、3食はもちろん、それ以外にの間食にも
いろいろとお正月にしか食べないような
美味しいものがいっぱい出てきたりして、
なかなか、腹八分目に抑えるということは、
かなり難しいですね。



しかも、そのどれもがおいしいものばかりということで、
そこそこで辞めると言う事ができずに
食べ過ぎてしまうのですが、
たくさん食べ過ぎてしまうということで、
太るのはもちろん、寝る前にたくさん食べて、
体に負担をかけるということも十分に注意したいものです。





posted by sugo at 09:20| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

体をアルカリ性に


始めに食べるもので、胃の状態や体の状態が変わると言う事なのですが、
これはアルカリ性の野菜などを先に食べると、
体がアルカリ性になりやすく、先に肉を食べると、
酸性になりやすいという事が影響しているようです。


なので、普段からご飯を食べる時は、
野菜から食べて、体をアルカリ性にしておくということが
非常にいいようですが、体にとっては、
酸性よりもアルカリ性のほうがいいというのは、
常識ですね。


初めに野菜をたべるということで、
簡単にそれができるということなのですが、
胃と言うものは思う以上に敏感な臓器であるので、
こうしたことも信ぴょう性がありますね。


精神的な問題を抱えている時には、
真っ先にそれが問題となって表れるのは、
胃ですし、そこから胃潰瘍に移行しやすいというのは、
最も敏感な胃ならではのことですね。


こういうことから、食事をする時も、
普通に食べるよりも、
まずは、野菜を食べて、胃をアルカリ性にしてから
食事を続けるというようなことが、
一番いいようです。


本当にちょっとしたことですが、
こういうちょっとしたことの積み重ねが
健康に大事ということで、
是非、これからはそう言う食べ方をしたいものですね。


少なくとも、いきなり肉をいっぱい食べるというような事は、
しないようにしたいものですが、野菜をまずは食べて、
そこから好きなものを食べていくだけで、
随分と体に現れるものが違うようです。








posted by sugo at 09:04| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始めに食べるのは



年末年始は、食べ過ぎや飲み過ぎには、

要注意ですが、出来ればヘルシーなものを食べることを
心がけたいものですね。


というのも、食べものを食べる時と言うのは、
実は、初めに何を食べたのかというのが重要と言う事で、
いきなり肉や脂っぽいものを食べるよりも、
野菜などを口にして、胃を慣らしておくといいそうです。


これは、よくいわれることですが、
ものを食べる時は、初めに食べたものが、
胃に影響を与えると言う事で、
やはり、初めに食べるものは野菜などのものを
よく食べて、そこからお肉なりなんなりを
食べる方がいいようです。


こうした事は、本当にちょっとしたことですが、なにかにつけて
食べ過ぎてしまう時期ということで、
こういう工夫を行う事で、
からだのほうもケアしておきたいですね。



とにかく、忘年会なり、新年会というような
所にいくと、ほとんどが
その場の勢いで、飲んで食べてということで、
あまり自制が効かずに、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうので、
最低限、このくらいのことをして、体を守りたいものです。



それだけ忘年会や新年会は食べ過ぎてしまうのですが、
しかし、こういうちょっとしたことを行う事で、
後々になって、失敗したということのないように
したいものですね。
posted by sugo at 09:03| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

年末に気を付けること



こういう事は、毎年繰り返されることですが、
しかし、その度ごとに大きく体に負担をかけると言う人が多いので、
あまり食べ過ぎないようにしないといけないようです。


主に、年末年始の暴飲暴食だと、
あくまで一時的なものなので、
それほど悪い影響を受けるものではないですが、
しかし、これを機に体重が増えてしまうと言う人も
多いようで、気を付けばければいけないですね。


しかし、年に一度の正月ということで、
こういうことも仕方ないのかなという気もします。

せっかくの正月なので、
休みの数日くらいは、好きなように過ごしたいものですが、
食べ過ぎた分は運動をして消費するなど、工夫をすることも必要ですね。


普段、良く運動をしている人でも正月は休むと言う人も
いるようですが、しかし、知らない内に、
食べる量が増えてきてしまうので、
その分もしっかりと運動するということを
よく考え置いて方がいいようです。






年末年始と言うと、本当に休みと言う感じがしますが、
休みが終わったあとに、
後悔しないように、しっかりと休みの間も
体の管理や食事の管理と言うものも
良くしておきたいものです。


大抵は、そうはいっていてもすぐに忘れてしまうのですが、
どうにか上手く工夫をして、食べ過ぎや体調の管理に努めたいですね。





posted by sugo at 09:03| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。