このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年11月03日

表記がないのは。。



これには、パンを包んでいる包装を安いものにして、
コストダウンを行って、値段を下げるということが
ありますが、どうもそうではないようで、
どちらも、おなじようなビニールを使って包装されています。

なので、こうした部分のコストを削減して安くしたというようなことではないと
思うんですが、では、なぜ、そんした安価でしっかりとしたパンが
作れるのかと言えば、それは、間違いなく、ショートニングというものを
使っているからに他なりませんね。


これを使用しているからこそ、コストを安くすませる事が出来て、
安価でパンが提供できています。


これは、飲料で使う糖分を、遺伝子組み換え作物から異化糖質というもの
作り出して、普通に砂糖を使うよりも、遥かに安く糖分を
加えることに成功しているのと、まったく、同じ事ですね。

飲料もパンも、こうした所では、まるで同じ事のようですが、
しかし、そうして作られているはずの安価なパンの表記に、
なぜかショートニングと記載されていないものが
あったりして、実に、おかしな事が見られます。
posted by sugo at 08:53| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何の為に使われているのか

例えば、何のためにショートニングを使うのかと言うと、
それは、まず間違いなく、安価でパンをふわふわで
モチモチにする為です。

これは、まず間違いのない事ですが、
こうした風に、ショートニングを使うからこそ、
安価で食感の良いおいしいパンと言うものが作ることが
可能になります。


なので、安いパンには、大抵ショートニングが使われているはずなんですが、
しかし、おかしなことに100円前後の一番安いパンであっても、
なぜか、表記にはショートニングと書かれていないものが
あったりします。


普通に、これだけを見ていると、ショートニングを使っていない
もいのなのかと思ってしまいますが、しかし、それだけ値段が安い
ものであるのにも関わらずに、200円位の値段が倍のパンと製造方法が
同じということはありえるのでしょうか。

ここが一番の疑問の所で、普通に、しっかりとしたパンを作るには、
どうしても手間暇がかかるために、
コストがかさむわけですが、しかし、そうした手間暇がかかったり、
材料費がかかるものと、100円で売られているものが
同じ製造方法であるということは、まず、ありえませんね。


その前に、材料なども違っていたりして、
値段が違うにも関わらず、中身はまるで同じということはあり得ないというのは、
当り前のことです。

しかし、食パンでは、なぜかこれが行われていて、
食感が同じようなおいしいパンが値段が違って売られていたりします。
posted by sugo at 08:52| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

安価なパンと高価なパン

普通は、表記されていないのだから、
使われていないのだろうと思いますが、
しかし、どうもそうとは言えないのではないかという
感じがします。

これは、主にパン類の話になりますが、
ショートニングが使われている食パンというものは、
ほとんどのものは、低価格なものになります。
大体、100円〜150円くらいのものには、
ショートニングが使われているものが多いのですが、
しかし、中には、なぜか100円ほどの値段のものにも
関わらずに、ショートニングの表記がないものがあったりします。

これは実際に、スーパーに行って調べてみると、
一つか二つは必ず、そうした安価であるにもかかわらずに、
ショートニングが使われていない食パンと言うものがあります。

なぜ、100円の安い食パンにもかかわらずに、
ショートニングの表記がないのかというのは、実に不思議なの
ですが、しかし、いくつかの商品には、
高額なパンとまったく同じような品質であるにもかかわらずに、
値段は、100円程度で、ショートニングの表記がないものが
存在しています。

こうした事を見てみると、何もしらないと、
普通にショートニングを使用せずに作られた食パンだと
思ってしまいますが、しかし、値段からいって、
本当にそんなことはあるのかというのが、大きな疑問になってます。
posted by sugo at 08:10| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショートニングが使われないもの

ショートニングと言うと、パン類やクッキー類に使われている添加物で、
パンをふんわりとさせるのに役立つものですね。

これについては、前に書いた記事に詳しいですが、
日本では、ほとんどのパン類やクッキー類に使われているものの、
海外では、危険な添加物ということで、
使用を禁止されています。

なぜ、海外で禁止されているものが、
日本で使われているかと言うと、
それは、単にコストを安くすませることができるからと
言う事なんですが、このショートニングは、
ほとんどのパン類、クッキー類に使用されています。

なので、スーパーに行って、適当にパンや
クッキーを手にとって見てみると、
その表示には、ほとんど、ショートニングが
表示されています。

このショートニングを使う事によって、
ふわふわでサクサクのパンなりクッキーなりが
作ることができるのですが、しかし、ごくたまに、
このショートニングが使用されていないのか、
表記されていない商品というものがあります。

あまり数は多くはないのですが、
普通に売られているパン類やクッキ―類の中でも、
なぜか、表記されていないものもあり、
普通に考えれば、そうしたものは、ショートニングは
使用されていないとい考えられます。
posted by sugo at 08:08| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

ショートニングと同じこと


こうなってしまうと、一体、何を信じればいいだということになりますが、
残念ながら、表示すらも、信用できないと言う事で、
これ以上は消費者が、どのような原材料が使われているのかと言う事は、
調べることができないようになってしまっています。


かなりひどい事ですが、これが現実ということで、
遺伝子組み換えの表示については、どうにも消費者には
厳しく、企業にとっては大甘なものとなっています。


こうすることによって、企業側の利益が出しやすいようにする事を
目的としているのか、それとも、遺伝子組み換え食品を
促進しているアメリカの意向をくんでのことなのかは、
わかりませんが、しかし、こうした事が平気で行われているからには、
何かしらの意図があるのは、確かなようです。


なので、表示に出ていないからと言って、遺伝子組み換えを使って
いないので安全とは、いかないようですね。

これは、パン類でも指摘した、ショートニングなんかにも
適用できるような気がします。

普通に発売されているパン類には、ほとんどのものが
ショートニングと言うものが使われていますが、
しかし、同じパン類でも、そのショートニングが使われていないものが
あります。

これも、やはり表示のマジックであるのではないかと思います。
posted by sugo at 11:34| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子組み換えの表記について


また、遺伝子組み換え食品については、
その表記についても、問題視されています。
これは、表示する際に、企業側にとって非常に甘い基準が
設けられており、消費者の事は、余り考えられていないとのことです。

JAS法と食品衛生法によって、遺伝子組み換え食品の表示は義務つけられていますが、
どうにも、それがあまり用をなしていないというか、
実際に、消費者から見て、役に立つものにはなっておらずに、
まったく、信用できないものであるようです。

というのも、現在行われている表示制度では、遺伝子組み換えを
していても、表示する義務がないものがあったりするということです。
なので、実際には、遺伝子組み換えが行われている食品を
原材料として使っていても、その表示義務から外れていると、
表示しなくてもいいということで、まるで片手落ちの表示となって
しまっているようです。


こんなことでは、到底信用できないというのが正直なところですが、
こうした事が、平気で行われていて、ありとあらゆる製品に、
それが適用されているという事で、遺伝子組み換えの表示がないものであっても、
実際には、遺伝子組み換えの食品を原材料として使っている場合があり、
表示だけを見ていては、決して、見分けることができないようです。
posted by sugo at 11:33| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

コストを抑えるために

また、キリンビールは、遺伝子組み換えによって作られた
トウモロコシを原材料として使わず、
普通のトウモロコシを原材料として使うことによって、
年間30億円ものコストをかけているということだそうで、
やはり、安全というものに、気をつけて普通につくられたトウモロコシを
使っていると、かなりコストがかさむということのようです。

しかし、いくらコストが安く抑えられるからと言っても、
安全かどうかわからないようなものを、平気で使われていたとしても、
さすがにそれは、根本が間違っているという気がします。
少なくとも体の事をちゃんと考えるならば、
やはり、まだ、それがどのような影響を与えるかわからないだけに、
そう簡単に遺伝子組み換えの作物をつかって、
コストを抑えると言う事はしないに限りますが、
それでも、多少、危険であっても、コストを押さえるために、
遺伝子組み換えの食品を使うというのが、現在の飲料メーカーや、
食品会社の姿勢であるようです。

しかし、そうした事を消費者に一切、知らせずに、さも安全であるかのように、
普通に販売させていると言うのは、やはり、大きな間違いでありますね。

いつの頃から、こうした事が行われているのかは、
わかりませんが、遺伝子組み換えを使った食品に関しては、どうにもおかしな事が
多々、あります。
posted by sugo at 07:23| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業の行う事

こうしたように、企業は、どこか府におちないような
説明を繰り返すようですが、消費者連に言わせると、
これは、実に片手落ちであるとのことで、
遺伝子組み換えの成分が残っているかいないかということだけで、
安全を判断すると言うのは、間違いであるとのことです。

また、遺伝子組み換えの成分と言うものは、
他の成分にまぜた時点で他の遺伝子に影響を及ぼすとのことで、
キリンビールでは、ビールの発酵過程において、遺伝子組み換えに
よって組みかえられたDNAがボールの発酵過程で消滅し、
製品そのものに残ることはないと、子会社では説明するにもかかわらず。、
自社のホームページでは、すべて遺伝子組み換えのトウモロコシを
使っていると発表し、その説明が異なっています。

まさに、勝手な企業のル―ルで、こうして遺伝子組み換えの
説明が異なっているわけですが、なぜ、そうして親会社と子会社で、
説明が異なっていたりするのかというと、
やはり、何かしら隠したい事があるからという事になってしまいますね。
どうしても、大きな企業と言うと、多かれ少なかれこういうことが
見られますが、遺伝子組み換えに関しては、何かしら隠したいことが
あり、それによってこうして表記を変えているようですね。
posted by sugo at 07:12| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

企業の対応

こうしたことに疑問を持ち、とある有名飲料メーカーに
その事実を聞いてみたという例があったそうです。

それは、誰もが知るような飲料メーカーですが、
その会社で作っている飲料について、
遺伝子組み換えの成分を使っているのでは?という
質問から始まり、かなり突っ込んだ質問をすると、

やはり、答えは二転三転し、意図的に、本当のことは
あまり言わないようにしているという事がわかったようです。

初めに、遺伝子組み換えの食品を使っているのでは?との問いに、
食品衛生法で禁止されているために、使用していないと答えたとのことだそうです。

もちろん、これは、異性化糖の材料に遺伝子組み換えの作物を使用しているのではないk
という意味です。
これについて、初めは否定を下とのことですが、しかし、
食品衛生法の何条であるかと問うと、「それは間違いで、異性化糖を
作る段階で、遺伝子組み換えの成分は死んでしまう為に、記載はしていない」
という答えに変わったそうです。

初めは、遺伝子組み換えの作物は、使用していないといい、
そのことを突っ込まれると、今度は、成分が死んでしまうために
記載はしていないというんですから、
これは、何だかおかしな話ですね。

どうしても本当の事を隠そうとするのが透けて見えますが、
こうした対応が実際に行われるようです。
posted by sugo at 07:22| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業が行っている事

納豆なり、何なり健康食品とトいわれるものも、
実際には、それが本当に健康について、良い影響を
与えるのか、それとも、遺伝子組み換えの影響で、
後々、悪い影響を与えるようになるのか、
それは、未だによくわからないと言うのが、
現実のようです。

それだけ、遺伝子組み換えの食品は、
何がどうなるというのは、現時点では、
誰もわからないということなんですが、
それでも、無条件で遺伝子組み換え食品は、
安全であるという考えがある事が危険ですね。

しかし、食品会社の人達と言うのは、
なぜか、これを無条件で安全であると、
決め込んでいる人が多く、多くの食品に
平気で使用しています。

これは、安全であると決め込んでいるのか、
それとも、安全であると思いこんでいるのかは、
わかりませんが、企業としての利益を求めつつも、
大量に生産していく場合には、安価な遺伝子組み換え食品を
使って化糖を精製するほうが、コスト的に安いということ
なのでしょうね。

なので、本当は、あまり良くない事であると
行っても、それを使用して、いろいろな飲料を製造しているわけですが、
飲料メーカーも、こうした姿勢で本当にいいものなのか、
疑問を持つ所でありますし、また同時に、
こうした事はほとんどの人が知らずに、テレビなどの
コマーシャルで見る企業イメージだけにとらわれてしまっているというのが、
現実のようです。

posted by sugo at 07:12| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

体にいいもののはずが

もちろん、一番良いのは、こうしたものを
一切取らない事ですが、さすがにそれは無理な事なので、
普通に遺伝子組み換え食品を摂取するのと、
こうして糖分に変化した時では、何が変わるのかと言うのが、
気になるところです。

しかし、それにしても健康ということを考えると、
これは多いな問題ですね。

何せ、健康食品という触れ込みで、何かの食品や
飲料を買っても、その原料というものに、
遺伝子組み換え作物や、遺伝子組み換え作物から
作られて糖分というものを使用されていると、
いくら表面的に、体に良いと言っても、
本当は所は、あまり体にいいということにはなりませんね。

まさに、以前指摘した、体にいいはずの大豆の加工品が、
実は、遺伝子組み換えの大豆を使って加工されていて、
それほど、体にいいというわけではないのではないかと言われていることと
同じ感じがします。


こうしたことが、食品では、よく起きているので、
本当に体にいい食品とは何かと考えてしまいますね。

そもそも、遺伝子組み換え食品そのものが、体にいいものであるのか、
悪いものであるのかということが、まるでわからないものであるので、
それがどうなっているのか、まずは、ここのところをしっかりと
解明してから、食品会社も遺伝子組み換えの農作物を使ってほしいと思います。
しかし、そうした事を考える前に、かなりのものが使われてしまっているので、
これも考えるだけ、無駄なことなのかもしれません。
posted by sugo at 07:36| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖分に変化することで危惧すること

これだけ多くの食品に遺伝子組み換え食品が
原料として使われているとすると、
到底、それを使っていないものだけを食べると言うのは、
100パーセント不可能な事になってしまいますが、
こうしたことが、いつのまにか当り前のようになって
しまっていたんですね。


こうした事が、平気で使われているというのは、
どうにも良い気持ちはしないですが、
しかし、普通の遺伝子組み換えの食品を摂取する場合と、
こうして果糖に変化しているものを摂取するのでは、
その体に対する影響は、
どのようなものに成るのかと言う事が、
一番、気になるところです。

果糖に変化しているという事で、
普通にそのまま摂取するのとは、
何か違うのか、それとも普通に食べる時と
それほど変わらないのか、これについては、
どうなっているんでしょうか。

トウモロコシなどが、糖分に変化しているということなので、
何かしら、成分も変化しているのだと思いますが、
そこで変化したものは、どのように体に響き、
普通に、食品として食べた時と、
どのような違いがあるのかということが、
一番気になるところです。

糖分に変化した事で、より濃縮されるというか、
遺伝子組み換え食品の悪い所が、
より多く摂取るようになってしまうのではないかと言うのが、
一番、危惧するところです。
posted by sugo at 07:33| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

異性化糖が使われている食品

本当に、気がつかない内に遺伝子組み換えの食品を
体の中に摂取してしまっているような状態になっているようですが、
これも、相当な量が使われているようです。

異性化糖の原料の90パーセントはアメリカ産のトウモロコシでできた
コーンスターチ、残りの10パーセントは、国産のジャガイモでんぷんと、
さつまいもデンプンであるとのことです。

なので、9割は遺伝子組み換えを使った糖分が加えられている
と言う事ですね。

特に、これらが使われているものは、コ―ラ、発酵乳酸飲料、
フルーツジュース、清涼飲料、ポン酢、ドレッシング、パン、
アイスクリームケーキ、缶詰、漬物、スポーツドリンク、
酒類、チューインガム、ジャム、佃煮、練製品、粉末製品であるとのことで、
食卓に並ぶ、ほとんどの食品が、
遺伝子組み換え食品を使って糖分を作りだしたものであるようです。

こうしてみると、本当に驚きますが、
もう、気をつけることが不可能なほど、
そうしたものが、多くの食品に使われてしまっているようです。

多少高くてもいいから、もう少ししっかりした糖類を
使ってくれないものかと思いますね。

こういうことはいつから行われているのかは、
わからないんですが、かなり以前から使われているのは
間違いないと思うので、本当に、相当な量の遺伝子組み換えの
食品というものを摂取してしまっているようです。
posted by sugo at 01:27| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表示されない飲料水

清涼飲料水というと、
言葉の響きのイメージでかなり体にもよく、
クリーンな感じがしますが、しかし、その中身は
やはり、使われているものは、遺伝子組み換えのとうもろこしを
原材料につかった異性化糖というものが、使われていて、
遺伝子組み換えの食品を
日頃から、避けていても、知らずと、遺伝子組み換え食品を
摂取するということになってしまっています。

一体何て言う事なんだろうと思いますが、
企業としては、こうしたことをすることが、
一番コストが良く、利益が上がりやすいということに
なるようですね。

なので、表示はされていないものの、清涼飲料水はもちろん、缶コ―ヒーなんかも、
普通に飲むだけで、遺伝子組み換え食品を摂取することになってしまっていて、
避けることができないですね。

しっかりと、表示をされていれば、そうしたものも回避できますが、
しかし、こうした糖分等の原材料につか使われている場合は、
表示の義務がなしという事で、これは、まるで気がつきませんね。

実際、こうした情報を知るまでは、遺伝子組み換えのトウモロコシから
糖分がつく得られているとは知りませんでしたが、
もう、何年も前から、こうした物を使用した製品が売りに出されて、
多くの人が何もしらずに、それらを飲んでいたんですね。
posted by sugo at 01:12| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

遺伝子組み換え食品の表示

「大豆(高オレイン酸遺伝子組換え)」、
「大豆(高オレイン酸遺伝子組換えのものを分別)」、
「大豆(高オレイン酸遺伝子組換えのものを混合)」、
という表示がされているものは、普通のものよりオレイン酸を多く含む
「高オレイン酸遺伝子組換え大豆」を使用している、
混ぜているという事になります。


「遺伝子組み換え不分別」という表記は、遺伝子組換え農産物と
そうでない農産物を分別せずに使っているという事になるようで、
これは、どちらの農作物も同じように使っているということになりますね。

「遺伝子組換えでない」、「遺伝子組換えでないものを分別」という
表記の場合は、遺伝子組換え農産物と混ざらないように
管理された農産物を使っているという事になり、
この表記のものは、かなり信頼できるというか、
体にとっては、優しいものと言えるようです。

こうして見ていくと、遺伝子組み換えのものを使うか使わないかで
かなりの違いがあるように見えます。

また、これは、あくまで主な原材料ということでもあって、
加工食品を作る際に、使った量を重い方から並べたときに3位であって、
使われたすべてのものということではなくて、
すべての原材料に占める重さが5パーセント以上である、
原材料の事を指します。
posted by sugo at 06:53| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

加工品の表示と表現

遺伝子組み換え農作物の表示や、表現と言うものについて見ていきたいと思うんですが、
農林水産省が、定める遺伝所組み換えの農作物に関する
表示と言うものは、いかのようになるようです。


まずは、枝豆や大豆もやしを含む大豆、トウモロコシ、
ばれしょ、なたね、綿花、
アルファルファ、てん菜をつかった加工品のものは、
遺伝子組み換え農産物の使用は表示されるようです。

ただ、そうして遺伝子組み換えの農作物が使われていても、
表示されない場合もあるとのことで、大豆(枝豆、だいずもやしを含む)、とうもろこし、
ばれいしょ、なたね、綿花、アルファルファ、てん菜がいずれも
食品のおもな原料ではないと言うような場合というのは、
遺伝子組み換えのものを使用しているかどうか
ということは、表示する義務はないとのことです。

また、もちろん、遺伝子組み換えではない農産物を原材料として
使っている場合は、表示の義務はありません。

そして、遺伝子組み換え食品が使われている加工食品の
票ゲbにつ知恵は、
「遺伝子組み換え」、「遺伝子組み換えのものを分別」という表示は、
「遺伝子組み換え農産物を使っている(遺伝子組み換え農産物と、
そうでないものとを混ざらないように管理されている)という表現になるようです。。
posted by sugo at 06:44| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体ににはいいものの

大豆を使った食品とうものは、
体にいと言う事で、よく食べられていたりしますが、
しかし、その元となっている大豆そのものが
遺伝子組み換えの大豆を使用している為に、
本当にそれが体にとって良いとは言えないということになって
しまっているようです。


こうしたことはあまり語られませんし、
食品会社としても、表示義務のない所にまで、
わざわざ表示をしようという考えは、
ほとんどないので、加工食品の表示には
あくまで大豆としか書かれずに、
それがどのような大豆を使用して作られているのか
ということは、良くわからず、
どうやって作られたものを食べているのか、
まるでわからないということになってしまっています。

なので、体にいい大豆食品といっても、
本当にそれが体にいいのかと言うと、
かなり、疑問であるという声もあって、
気をつけると言う人も多いようです。

もちろん、中には、しっかりと遺伝子組み換えかそうえないか
ということを表示しているものもありますし、
そうした事によって、安全であるということを売りにしている
商品もありますが、全体的に見ると、
それは実に数が少なく、ほとんどのものと言うのは、
何がどのように使われているのかということは、
ほとんどわからずにいます。
posted by sugo at 06:33| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

大豆の使われ方

例えば、そうしたものの中でも代表的ものと言えば、
大豆の使われ方があります。

大豆と言うと、豆腐にしょうゆなどなど、
日本人にはなくてはならない食品の基となるものですが、
実は、この大豆と言うものは、意外と多くのものが
遺伝子組み換え食品のものが使われているという現実があるようです。

これは、国産の大豆よりも、アメリカから輸入された大豆の方が
量が多く、割合としては、圧倒的に、アメリカ産の大豆が多くなって
しまっていることからわかるそうです。
なので、体にいいトいわれている大豆を使った食品、
例えば、豆腐なども、次は、中身は、遺伝子組み換えの
大豆を使用したものであるものが多いとのことです。

なので、遺伝子組み換え食品は危険であるという認識はあっても、
意外と、気がつかない内に、それらの食品が加工されて、店頭に並んで、
意識しなくても、その食品を食べて入ると言う事が起きているようです。

加工したものなので、遺伝子組み換え食品かどうかは、ほとんどの場合、
表示されませんし、また、全体の大豆の割合から言っても、
輸入された大豆の方が多い為に、大豆食品のほとんどは、
流行り、遺伝子組み換え食品をつかって作られたものが多いということに
なってしまっているようです。

posted by sugo at 06:12| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中身がわからない

食品会社として、そうしたことでかなり大きな利益が得られる
ということで、遺伝子組み換えの食品は、安全であるという事を
強調し、それを社員にも教えているのだと思いますが、
そもそも、遺伝子の情報事態が、まだまだ、解読途中で、
到底すべてがわかっているというわけでもないのにも関わらずに、
遺伝子組み換え食品が安全であるといいきるというのは、
さすがに、おかしなことと言えますね。

しかし、これが当たり前のようにおきてしまっているようなので、
これは、間違いなく原発と同じで、利益の為に推進している
ということですね。

本当にわかりやすい関係ですが、こうしたことが水面下では起きていて、
かなりの数の食品に遺伝子組み換え食品が使われてしまっているようです。

特に、使われやすいのは、すでに調理されている、
加工食品や冷凍食品などで、こうした食品と言うものは、
原材料に○○とか書くだけでよく、それが遺伝子組み換えの
食品なのか、それとも普通の食品なのかと言う事は、
表示義務がない為に、何が使われているのかは、
まるでわからなくなっています。

もちろん、全部が全部そうであるとうことではないと思いますが、
それが使われている事が多く、中身が何であるのかというのは、
わからないようになっています。
posted by sugo at 06:01| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

遺伝子組み換えの思い込み

なにか動きがみられた時には、絶対になにかしら
裏があると思ったほうがいいようなんですが、
遺伝子組み換えについては、気をつけたほうが
いいようです。

遺伝子組み換えの食品を食べて、体に異変が出たという
事例もよく報告されていて、やはり、何かしら無理が
あるものなんだろうということがわかります。

まさに、神の領域と呼ばれるものに、
人間が手をつけるのは早すぎたということになるのだと
思いますが、こちらの方も、何らかの意図があって
推進されているようなので、
今後、どんなに安全であるといわれたりしても、
それをそのまま信じてしまう事だけはしないように
気をつけたいものです。
そうしたことに、あまり気をつけないアメリカ人ならまだしも、
しかし、日本人であっても、遺伝子組み換えはそれほど危険ではない
という人達がいたりします。

一体何の根拠でそう言っているのかはわかりませんが、
なぜか不思議と、遺伝子組み換えは安全というような人達がいるのですが、
そうした人達というのは、実は、食品会社の人たちがそうした認識を
持っている事が多いようです。

実際に、食品会社に勤める人に、こうした事を聞いたことがありますが、
やあhり、なぜか遺伝子組み換えは安全であるというスタンスでした。
posted by sugo at 06:19| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。