このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2012年10月23日

大規模キャンペーン

遺伝子組み換え食品に関しては、
本当に日本とアメリカでは、
その考え方が違うというか、安全に関する認識が
まるでちがっていますが、今後、もしかすると、
急に、「遺伝子組み換え食品は安全」というような
キャンペーンがテレビや新聞を中心に行われていく
可能性があるので、注意が必要です。

本当にこういうところは、わかりやすいというか、
実に幼稚な感じがしますが、何かを推進しようとする時には、
必ず、そうした大規模キャンペーンを張って、
白を黒にするというか、多くの人たちをテレビや新聞を使って、
洗脳するということがおこるので、こういう事が起きた時には、
それをそのまま信じてはいけないですね。

こういう事を推進しようとして、広告塔になると言う人は、
必ず、背後に利益関係が存在していて、
そうした事が推進されることで、利益が得られるようになっている
ということが普通なので、そうした人たちがいくら安全と言っても、
良く考えて観ると言う事が必要ですね。

これは、まさに原子力と同じ構造になると思いますが、
アメリカ主導型のものというのは、常にこうした事が
起こされるので、何か大々的に報じられたからと言って、
それをそのまま信じることはないようにしないといけない
と思います。

posted by sugo at 06:14| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子組み換え食品

特に、農作物やアメリカの乳牛には
気をつけなければならないと言う事がいわれていますが、
農作物については、遺伝子組み換えですね。

これについては、まったく大丈夫だという説と、
遺伝子そのものの構造がほとんどわかっていないのにも
かかかわらずに、それを多少、操作して、
食物を作り変えても、最終的にどのようなことが
起こるか分からないので危険だとする説があります。

日本は、完全に後者の意見が強く、
何かしら利益関係のある人以外は、
こうした考えが圧倒的にしめられています。

日本では、常に、アメリカの意向に沿って
なにでも物事が決められていて、
法律はもちろん、国の行く末と言うものも、
ほとんどがアメリカの息のかかった政治家や、
マスコミによって、そうした方向に向かうように
操作されてきましたが、なぜか遺伝子組み換え食品の
安全性だけは、昔から、危険だということが
よくいわれていました。

アメリカの主張することと、まりで違う事がいわれていると言うのは、
実に珍しい事のような気がしますが、まだ、それほど圧力がかかって
いなかった為に、そうした下地作りに成功したのかもしれません。

なので、国民の大多数の人は、遺伝子組み換え食品と言うと、
難色を示して、買い控えるというような事が起きています。
posted by sugo at 06:06| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

大きな違い

やはり、日本とアメリカでは、食品をみてみても随分と
違うなと言う感じがしますが、遺伝子組み換えについても、
その考え方について、かなり大きな隔たりがあるようです。

日本では、やはり、危険なんじゃないかということが
言われていますが、アメリカでは、メディアによる洗脳が
進んでいるのか、それほど気にしない人が多く、
安全であるということがよく言われています。

なので、一般の人達はほとんど、それについて危険であるというような
ことは感じていないようなんですが、これは遺伝子組み換えを
積極的に行っているモンサントと言う会社が、
非常に大きな力を持っていることで、
そうした雰囲気が作られている事に由来しているようです。

もとから、そうしたことには、
あまり興味がない国民性と言えば、そこまでですが、
アメリカの食品と言うと、日本のものとは、
かなり、大きな違いがあるようです。

こうした違いが今後、どのような事になっていくのかということは
よくわかりませんが、しかし、今後、日本にもそうした遺伝子組み換え等の
食品が、大量に入ってくる可能性があるので、
ここのところは、良く注意して、見ていかなければいけないようです。
特にTPPに関しては、これが推進される恐れがあるので、
よく気をつけなければいならないようですね。
posted by sugo at 06:04| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表示義務のない国

そうした事は、あまり大きな問題とされていないというか、
アメリカ国内でも、ほとんどの人が知らないことでもあるのですが、
使われている肉などは、かなり粗悪なものであるということは
いわれていますね。

日本だと、遺伝子組み換えや産地がどこであるのかというようなことは
しっかりと表示しなければいけない義務があり、
それがどこで作られたものであるのかというのは、
表示を見ればすぐにわかりますが、
アメリカではそれが、必要ない為に、
それがどのような所で作られたのかということは、
ほとんどわからないということになっています。

どちらかというと、向こうの人に言わせると、
日本人が神経質であると言う事になるようですが、
誰が決めたか分からない、そうした、
あいまいな表示と言うようなものを利用して、
どのようなものかよくわからないようなものが
平気で売られていたりするとのことです。

これは、遺伝子組み換え食品などを、
推進する為の方針であると言われていますが、
いずれにしろ、食品を提供する側に取っては、
非常に便利な制度になっています。

なので、ほとんどの食品の出どころと言うのは、
それほど明確ではなくて、それがどのようにして
作られているのかというのも、
ほとんどわからないと言う事になっていると
言われています。

なので、遺伝子組み換えなどが、かなり行われている野菜や
果物と言うものが、多く出回って居ると言うのが、
アメリカの現実のようです。
posted by sugo at 05:55| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

本当の原因とは?

少し、アメリカに留学した人などが、
日本に帰ってくると、向こうの量の多い料理を
毎日食べていたせいで、10キロくらいは
平気で太って帰ってくるというようなことも
良くみられたりして、本当にアメリカの
食事と言うものは、肥満になってしまうような
ものばかりで、特に日本人は気をつけなければいけません。
普段から、たくさん食べるアメリカ人ですら、
何もしないでいると肥満になってしまうわけですから、
本当に、食と言うものについては、もう少しよく考えた方が
良いと思いますね。

ここで、何を言っても無駄なことなんですが、
しかし、実は、そのアメリカの食事について、
実際には、量が多いと言う事や、カロリーが高いというような
ことばかりが、その原因ではないのではないかということも
言われ始めています。

もちろん、何も関係ないということはなくて、
ケーキを一つ取ってみても、とんでもないくらいに
砂糖がかけられていたりするので、それだけで
十分に高いカロリーを摂取することになってしまうわけなんですが、
実は、そうした事ばかりではなくて、
使っている材料そのものが、非常に粗悪なもので、
それが体に何かしら悪影響を与えていて、
それによって、肥満などが引き起こされているのではないかということです。


posted by sugo at 06:06| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥満におちいる国

例えば、こうしたジャンクフードに使われている
肉の違いについては、アメリカが最もひどいということを
良く聞きます。

アメリカと言うと、日本では考えられないくらいの
量が当たり前のように出てきて、高カロリーな
食事が、普通なのですが、こうした体には
あまりよくないようなカロリーの高い食事をしているから
アメリカでは肥満に陥る人が多いと言われています。


確かに、それもその通りで、肥満というものが非常に
大きな問題となっていて、日本ではそうみかけないような
肥満の人が、よく街を普通に歩いていることでも、
肥満におちいる人が、いかに多いのかということが
わかります。

本当に、日本人からすると、驚くことばかりですが、
こうした肥満の背景には高カロリーの食事と、
多すぎる食事量というものが、その原因であると言われています。

いくら大食漢のアメリカ人といえども、
テレビでよく見るような、とんでもない山盛りの
料理を毎日食べていれば、誰でもそういう体型になってしまいますね。


あまりに当たり前のことですが、しかし、アメリカでは、
どこに行ってもああした食事が普通であるので、
ある程度は仕方がない事でもあります。
こうした食事を続けていれば、運動をしなければ、
誰でもすぐに体重が増えてしまいます。
posted by sugo at 05:56| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

ジャンクフード

何を使っているのかわからないものが多いわけですが、
その中でも、多くの人が通うようなファーストフードの
お店で出てくるものも、昔から、何が使われているのか
わからずに、危険だということが言われていますね。

よく見るチェーン店のものは、ほとんどが、どのような
お肉を使っているのかというのはまるでわからず、
かなり粗悪なものを安く仕入れて製品を
つくっているという事がいわれていて、
肉をいうよりも脂肪の塊であるとも言われていますね。

ジャンクフードと言われている、ファーストフードですが、
やはり、その名称の通りに、何が使われているのかわからずに、
ほとんどが粗悪な脂肪で出来ているというのは、
何とも嫌なものです。

しかし、これだけ広まってしまっていて、市民権をえているような
状況では、これが何か変化していくということは、
よほどのことがない限りは、無理な事だと思いますが、
体の事を考えて食品を選んでいくときには、このことは
絶対に忘れてはいけませんね。

ハンバーグの形をしていても、中身は、かなり粗悪な肉で、
脂肪の塊と言う事なので、こういうものをいくら食べても、
体に良いことは一つもなく、お腹は膨れるにしても、
長い目で見ていくと、大きな問題を引き起こしてきてしまいますね。
posted by sugo at 05:20| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氾濫したもの

普段、口にする食品も一体どうなっているんだということばかり
を考えてしまいますが、ある程度、安い値段で
それなりのものを食べられるようになるということは、
こういう事になってしまうと言う事でありますね。

これはもう、仕方なのない事であると言えますし、
そもそも、安くて何でも手に入れたいというような
考えそのものが間違っているのかもしれません。

やはり、ある程度しっかりしたものは、手間ヒマがかかるのは
当然ですし、それに伴って値段が上がってしまうというのは
当然のことですね。

しかし、それでも誰でも手に入るように安くするとなると、
何かしら手を抜くというか、
それまでとは違う事を行わなければならず、
それが人件費なのか、それとも使っている材料や
作り方になるのかということですね。

そして、科学的につくられた添加物なんかの発展によって、
多くのものは、かなりやすく仕上げられるようになったという
事なんですが、そのおかげで、中身は一体何が使われているのか、
まるでわかららないというような製品が氾濫することに
なってしまいました。

なので、ほとんどの食品と言うものは
何かしらの添加物が使われていて、
体にはあまり良いとは言えないようなものが
多く見られるようになりました。
posted by sugo at 05:00| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

なるべく買わない

スーパーに言っても、そうした添加物等が
入った食品はたくさん売られているのですが、
こうしたものについては、なるべく買わないということが
一番のようです。

あまりに当たり前のことなんですが、
しかし、これが問題で、危なそうなものを買わないとすると、
ほとんどの食品が買えないということになってしまいます。

パンなんかは、普通に手が届く値段のものは、
ほとんど買えませんし、それ以外にも、
怪しいものを見ていくと、きりがないほどたくさんあって、
それを一つ一つ見ていって、買わないようにして行くというと、
これは、到底、無理な事であります。

本当に、こういうことは、調べれば調べるほど、
危ない物というか、体に悪いものが多くて、
食べるものがなくなってしまいます。


一体いつから、こうした事態になってなってしまったのか
という感じがしますが、科学的な進歩と共に
徐々に、安くて便利なものを追求していって
結果、こういう風なことになってしまったんでしょうね。

人間にとって、便利で快適になるもののはずが、
逆に、人間を苦しめると言うんですから、
実におかしなことになっています。

やはり、食品における過度な添加物などは、
安くそれなりのものが作る事が出来ても、
絶対に間違っていると言えますね。
posted by sugo at 05:57| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何も言われずに来た事

本当に、食品というものを見てみても、
よく気をつけて食べなければいけないという時代に
なってしましました。

特に、原発事故が一番大きな事ですが、
しかし、良く考えてみると、
それ以前から、当り前のように
流通しているもの、実は体には
悪いというような食品が物凄く多くありましたね。
それは今も、何も変わらずに、相変わらず、危険な
添加物や油脂というものが使われていて、
それが大きく健康を損なわせているのではないか
といわれています。

どうして、こういうことは、あまり何も言われないできたのか
というと、物凄く不思議ですが、
しかし、いろいろな利益というものを見ていった時に、
へたに規制をするよりは、そのまま容認することのほうが
儲けが大きいということなのかもしれません。

結局、ほとんどの事と言うのは、
これと同じように利益がどのくらいえられるのか
という事で動いているので、食品に関しても
安価でそれなりのものを作っていくというような
事では、これも仕方がないことなのかもしれません。

そうでなければ、こうしたことも当り前のようには
行えないと言うのが普通の感覚ですが、
しかし、現在の企業と言うものは、
ほとんどが営利主義であるので、
こうした事がまかり通ってしまっていますね。

posted by sugo at 05:45| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

魚について

また、野菜だけではなくて、魚の方も気をつけて
選んでいかなければいけないですね。

魚の方も、汚染水が海に不法に投棄されてしまったので、
そこでかなりの汚染が広まってしまい、
太平洋側の魚というものは、かなり危険なものとなって
しまいました。


こちらの方も、政府や関係者は、安全であるということを
言い続けていますが、野菜と同じく、それがどこまで本当か
ということはわからないので、出来れば太平洋の魚は
避けるか、食べる頻度を減らすというようなことが
必要になるとのことです。

それか、食べるのであれば、日本海側の魚なんかを
食べるべきであるという事なんですが、
あれだけの汚染されてしまったからには、
まだまだ、気をつけなければいけないようです。


どうしても、魚も太平洋から獲れたものを
抜かして食べるということは、出来ない事なんですが、
それでも、出来る限り気をつけて、外国のものか
日本海側や、北海道産のものを、よく食べるように
するということが重要になりますね。

こうしたことも、すぐに健康被害が出るわけではなくて、
数年後に被害が出てくると言う事なので、
新聞やテレビの報道をそのまま鵜呑みにすることなく、
しっかりとよく考えて、魚を選んでいくということが
必要なようです。
posted by sugo at 07:05| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食品に気をつける

本当に、健康について考えるのならば、
普通に売っている食品というものに
関して、細心の注意を払わなければならなくなって
しまいましたが、健康にいいはずの
食品が放射能に汚染されてしまっていて、
食べると、逆に体に悪くなってしまうというんだから、
本当に、異常な事態が、今も続いています。


こうした異常な事態が、続いているのにもかかわらず、
それをあまり重視しないと言うか、
あくまで安全であるということで、
事実を無視して販売が行われていますが、
本当に、こういうことはよく気をつけていかなければいけないですね。

なので、健康というものに関して考えると、
まずは、この事について考えなければいけないわけすが、
なかなか、それも正面からみすえないというか、
何となく大丈夫ではないかということで、
あまり気にとめないと言う人が多いのも気になるところです。

やはり、しっかりと体の事を考えていく場合には、
この問題というものは避けて通ることはできないので、
若い人や、小さいお子さんがいる家庭の人は、
もう、しばらくは気をつけて食品を選ぶということを
考えていかなければいけないですね。

食べものというのは、体をつくる根源なので、
これは、当分付き合っていかなければならない事のようです。



posted by sugo at 06:56| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

誠実な会社

以前から、「雪国もやし」というと、
少し変わったCMを流すことで有名でしたが、
事故が起こって、多くの食品会社の本質が
問われた時に、放射能測定を実施していますという
宣言は非常に力強いもので、多くの主婦の人は、
一気に「雪国もやし」を購入するようになりました。

どのくらい汚染されているのかまるでわからないような
ものを買うよりは、しっかりと検査されているものを
買いたいという消費者の心理をみごとについていましたが、
こうした行為というものは、非常に好意的なもので
ありました。



やはり、お金がかかっても安全な食品を提供するという
精神こそが、多くの消費者が望んでいる事であって、
あくまでお金もうけが優先で、本当は消費者の事など
一つも考えてない他の食品会社とは、その誠実さと言うものが
まるで違っていて、そこのところに多くの消費者が
気がつきました。


やはり、健康を保つために野菜を食べると言っても、
本当に安全なものを食べないと意味がないわけですから、
こうした、企業の姿勢、誠実さと言うものは、
実は何よりも重要な事であるという事がわかりますね。


現在では、当時ほど食材も危険ではなくなって
来ましたが、やはり、体の事を考えてしっかりとした
野菜や、その他の食品を買う為には、
こうしたしっかりとした企業のものを購入しなければ
いけないようです。
posted by sugo at 05:48| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼のある企業とない企業

なので、健康と言うものに気にかけている
人達からしてみると、ほとんどの食品メーカーや、
乳製品メーカーというものの
信頼は一気に地に落ちてしまったといっても過言ではないですね。


何せ、どのくらい汚染されているか分からなくても、
検査する費用がもったいないから、検査しないで
そのまま市場に流すと言うんですから、
これでは、消費者は納得しませんね。


なので、当時は、どの野菜を買っていいのかということに
悩んだり、牛乳も何を買っていいのかまるでわからない
ということになっていました。


こうしたことこら、本当に信頼できるメーカーなんかは
ほとんどないんだなということがわかりましたが、
どんなに栄養があって、体にいいといわれているとしても、
汚染されている食品を流通させてしまうようであれば、
これは、もう、何も意味のないことになってしまっています。

もちろん、中には、しっかりと測定をして、
安全をアピールする会社もあったりして、
その対応と言うものは、本当に千差万別でした。

特に、雪国もやしなんかは、早いうちから、
CM内で、放射能の測定をして安全なものだけを
出荷していますと表明して、
多くの人から、誠実な企業であるという認定を受けました。


posted by sugo at 05:38| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

メ―カ―の本音

あの事件があってから、それまで安全と言われていた
日本の食品メーカーの数々がいかに、
消費者を見ないで営業していたのかということが
浮き彫りになってしまいましたね。

本当に、多くの主婦の人たちは、
まるで企業責任を果たそうとしない乳製品メ―カ―に
大きな憤りを感じていましたが、企業として何を見て
営業しているのかということが、図らずもばれてしまうという
ことになってしまいました。

もちろん、日本の企業ですから、それほど悪い企業と言うのは
存在しないと言う風に信じたいですが、
しかし、実際に、とてつもない事故が起きて、
食品そのもの安全が大きく損なわれていた時に、
そんなものは食品には内も影響がないとして、
検査も何もせずに、無視しつづけるというのは、
さすがに、印象が悪すぎましたね。

あの一件以来、日本のほとんどの食品メーカーというものが
謳う安全というものは、あくまで自分たちの立場から立った
一方的な論理であり、決して消費者の方は向いていなかったという事が
わかりました。

そうでなければ、さすがにお金がかかるからということで、
何の検査もせずに、汚染されているかもしれない製品を
当り前のように出荷することはないと思いますが、
こうしたことが普通に起きてしまったからには、
普段、どのような考えで食品を作っているのかと言う事が
よくわかった気きがします。
posted by sugo at 06:28| Comment(0) | 食の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。