このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年02月22日

日本独自のものは

日本で作られるものというのは、
何でも大きくアレンジされて使いやすくなったり、
また、元のものとは大きく異なる
独自のものに変化していくと言う事があるのですが、
どうもビールにおいても、こういうことが見られるようです。

なので、ビールの本番のドイツやベルギーでは、
常温でしか飲まれていないビールが、
日本では相当に冷やして飲むことが行われているのですが、
こうしたものは、意外と向こうの人達も
美味しいと感じることなのかもしれません。


日本人がおいしいと感じることは、やはり、世界中の人が
美味しいと感じて、非常にレベルの高いものがあるのですが、
どうもこのビールに関しても、そういう事が言えるようです。
また、日本のビールというのは、非常においしいということも
言われていて、海外から来た人は、
口をそろえて日本のビールはおいしいと言います。

他にもウイスキーなんかも、世界的に見ても
非常に優れたものがつくられているということで、
どんな分野であっても日本の技術というのは
高いレベルのものを造りだしています。

これがお酒にも活きているということなのですが、
体にはあまり良くないものの、
日本式のキンキンに冷やして飲むという
飲み方は、やはり、普段はそういう飲み方を
しない外国の人にとっても
非常に飲みやすい飲み方であるのかもしれません。
posted by sugo at 16:24| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

冷えたビールとは

ビールには喉越しが大事と言う事が言われますが、
これは本当に多くの人が口にすることですね。

なので、ビールというのは喉ごしが
どのようなものであるのか
というのがそのビールの良し悪しを見る為に
言われることでもあるのですが、
しかし、こうした喉ごしをより良くするものと
いうと、やはり、しっかりとよく冷やすと言う事に
なりますね。

冷えれば冷えるほど、
こうした喉ごしというのはよくなって
非常にビールの味が引き立つと言うか、
飲んで美味しいと感じるようになるのですが、
こういうことからビールは冷えてなきゃまずい
といわれるようになりました。

ただ、これは前の記事でも書いた通りに、
日本でよく見られることで、
ボールの本場のドイツやベルギーでは、
冷やさずに常温のままで
ビールを飲むということになっています。
実に大きな違いですが、
より日本独自の飲み方ともいえるのかもしれません。

もちろん、それはアメリカの飲み方であるのかもしれませんが、
しかし、本場とは大きく異なる
飲み方をしているということになりますね。

しかし、もしかすると普段は常温で
ビールを飲んでいるドイツの人たちも、
こうした冷えたビールを飲むと、
こっちの方が美味しいと言うようになるかもしれません。
posted by sugo at 23:30| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重要な喉ごしとは

ワインポリフェノールが含まれていて
体にいいですし、
また、常温で飲むものなので、
体を冷やすものではないので、いいですね。
もちろんお酒なので、飲みすぎると、これは体に悪いのですが、
しかし、適度に飲んで楽しく食事をするというようなことだと
非常に良いお酒といえます。

少なくとも、何でもかんでも冷えたビールを飲むということ
よりは大分、良いことであると思うのですが、
しかし、現在では
「とりあえずビール」という言葉があるように、
冷えたビールをぐいぐい飲むと言うのが
多くの酒宴の常識となっています。

これも、戦後にアメリカの影響を受けたせいであるのですが、
これによって知らずと体に悪い影響を与えてしまっている
ということになります。

本当に、どうにかならないものか
という感じもしますが、
しかし、何かあるととりあえずビールという
のが半ば決まりにもなっているので、
それも仕方ないことでもありますね。

そうした冷えたビールを飲むのが非常に喉ごしが
よくて美味しいということなんですが、
しかし、これはほとんどの場合は、
ビールの味がおいしいというよりも、冷えたものを喉に流し込む
刺激が気持ちいいということになります。

なので、しっかりと冷えているものがいいということになります。
posted by sugo at 23:16| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

冷えたものを飲むのなら

日本も随分と変わったことがわかりますが、
しかし、いつの頃からかお酒はもちろん、
食についても大きく変化したという事に
なりますね。

これは主に戦後に起こった極端な欧米化の影響ですが、
それによって随分と、健康に取っては
悪いことが起きていて、それまでになかったような
病気になる人が増えているのも、
何かしら意味があることであるのかもしれません。

特にこのお酒の飲み方というのは、お酒の種類が大きく増えたと言う事で
それに比例して大きく変化していったのですが、
しかし、冷えたお酒を飲むのは、もう一度よく考えたほうが
良いのは確かですね。

日頃から、健康に気をつけていても
この冷えたものを飲むことに寄って甲状腺は冷えてしまい、
免疫に大きな影響が出てしまうので、
これはもう一度よく考えて、冷えたお酒を飲むとうのは
よく考えたほうがいいですね。

冷えたビールを飲むことが好きな人にとっては厳しい
ことですが、しかし、それなら、常温で飲むワインを飲む方が
体には良いですね。

種類の違うお酒なので、まったく同じように
飲むことはできないのですが、
しかし、ワインや、スパークリングワイン、
シャンパン等を飲むほうが、同じお酒を
飲むのでも体には良いようです。
posted by sugo at 18:49| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒の飲み方

本当に冷えたお酒を飲むということは
体に悪いことであるようなんですが、しかし、現在では
これが当たり前のことになってしまっていて、
かなり体の状態を悪くしている人が多いような気がします。

こういうことがいつから始まったのかというと、
正確にはわかりませんが、
しかし、昔の日本と言うのは、ビールはなくてお酒や焼酎が
メインで、しかしも熱燗を飲むのということで、
温かいものを飲むことが多かったですし、
普通に飲む場合も、特別冷やすということはあまりしなかった
ですね。

もちろん、お冷というものもあって、
冷えたものを飲むこともありましたが、
しかし、基本的には、常温のものを
そのまま飲むと言う事をしていました。


お酒や焼酎は度数が高いので、お湯で割ったりしますが、
そういう飲み方をしますね。
お酒の場合は、割ることはしませんが、
しかし、おちょこでちびちびと飲むというのが
基本的な飲み方であるので、こうした飲み方が
本来の日本人の飲み方であるといえます。

少なくとも、普通にコップでビールを飲むようにして
お酒を飲むことというのは、余りなかったんですが、
しかし、いつの頃からか、そういう風な飲み方になってしまって、
随分とお酒の飲み方も変わりました。
posted by sugo at 18:42| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

いつのまにかその影響が出て

好きなものを好きなように飲むと言うのは
非常に良いことですが、
しかし、冷えたビールを飲む時には、
そうれだけ体に負担がかかっていて、
かなりのダメージを受けているということになります。


そういうことを良く考えて行くと、
冷えたビールを飲むというのは、少し考えたくなりますが、
しかし、これが中々辞められないということで、
大きな問題ですね。


やはり、今まで当り前のように行って来た
習慣を見て行くと、本当に大き影響があり、
すぐに辞めるということもできないのですが、
しかし、こうした事を良く考えて行かないことには、
本当の健康を取り戻すということはできないようです。

もちろん、全くできないということはないのですが、
しかし、常に甲状腺にダメージを受けていて、
免疫が下がっているということで、
体本来の働きができないようになっているようです。

こういう状態になると、
やはり、あまり良い健康状態とは言えないのですが、
見た目は元気そうに見えても、しかし、
実際の所はかなり厳しいものが多くて、後々に
後悔することになりそうです。

十年の悪食があって大病に至るとも言われますから、
今は元気で何でもないと思っていても、
いつの間にかその影響が体に出てきて
病気になると言う事があるのかもしれません。
posted by sugo at 23:46| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きなダメージを受けると

温かいビールを飲むのは、少し行きすぎですが、
しかし、常温のビールを飲むと、
非常に体には良いようです。

少なくとも、冷えたものを飲むよりは、ずっと体に良いとのことなんでうsが、
やはり、甲状腺のことを考えると、
あまり冷えた美^ルは飲まない方が良いですね。


そういう事は何も考えずに、とにかく美味しいビールが飲みたいと
いうのであれば、何でもいいのですが、
しかし、体のことを考えていると言う時には、
やはり、しっかりと考えてビールを飲んでいく必要があるようです。

やはり、現代ではお酒を飲むと言うと、
ビールを飲むことが多くて、
よく冷えていないとビールではないと言う人がいるほどに
冷えたビールにこだわりがあるので、
そうしたことにあまりこだわり過ぎて、
体に悪い飲み方をしているのは、
やはり考えなさないといけないようです。

というのも、どんなに普段から健康に気をつけているといっても
そうした飲み方をしていると、相当に体に負担をかけていて、
甲状腺にダメージが大きく、
また、免疫も低下してしまうので、こうした事を見て行くと
多くの人が冷えたビールをがぶがぶ飲むというのは、
体のことを良く見て、健康に注意すると大きな間違いであるように見えます。
posted by sugo at 23:40| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

苦しいこと

できれば、こうしたビールの飲み方は
辞めた方が良いと思うのですが、
しかし、とにかくビールと言うと
冷えていないことには、おいしくないということで、
相当に冷やすことをしますね。


普通のジュースであっても、冷やしたものを飲むと
非常に体を冷やしてしまって、
免疫を下げてしまうのですが、
しかし、こうした飲み方が一般的という事で、
いつのまにか健康を害する飲み方を
良くしているようです。


夏場には、多少冷えたものを飲むのは
良いのですが、しかし、一年中同じような
ものを飲むのは、体にいいわけなく、
かなりその影響が大きくありそうです。


できれば、冬には温かいものを飲むようにしたいものですが、
ビールは常温のものを飲む方が良いようです。

ビールの本場やベルギーでは、それが当たり前の飲み方であるという事で、
随分と、日本とは違う飲み方をしているようです。



こうしたものを見て行くと、
日本のビールの飲み方というのは、
かなり特殊なものに感じますが、
しかし、どこに行っても冷えたビールを
飲むと言うのが習慣なので、
これもすぐには治ることはないようです。

できれば自分でそういう事を考えて
気をつけて行くしかないんですが、
しかし、ビール好きの人にとっては、
なかなか苦しいものですね。
posted by sugo at 18:24| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷たいアルコールの影響

やはり、甲状腺を冷やしてしまうと、体には影響が出てきてしまうのですが、
冷たい飲み物を飲むと、こうしたことが起きやすいとのことです。

特に、アルコ―ルは、その影響が大きいとのことで、
気をつける必要があるんですが、
こういう事から見ると、昔から日本で飲まれてきた熱燗という
飲み方は、非所に体に良いいものだということが
わかります。
やはり、基本は温かいものを飲む事が必要なんですが、
しかし、現在の日本では、とにかくアルコールは
冷たい物を飲むというのが常識なので、
どんどん体に悪いものを飲んでしまっているようです。

甲状腺に与える影響はかなり大きなものがあると思いますが、
やはり、冷たいものの飲み過ぎは控えたいものです。

冷たいものの飲み過ぎと言うのは、
甲状腺に与える影響だけではなくて、
体全体を冷やしてしまう事にもつながりますし、
また、そうした事が免疫の低下を起こしてしまうということで、
いいことは少ないようです。

特に一番、体に悪いものは、冷たいビールなのですが、
こうした飲み方は、かなり体に悪いということになります。


いつの頃からか、こういう飲み方が増えたのかは
わかりませんが、しかし、どうしてもビールは冷たくして
飲むものという事が常識となってしまいました。
posted by sugo at 18:13| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

あまり考えられないこと

やはり、あまり注目されない器官ということで、
それほど重要視されないのですが、
しかし、その割には、意外と重要なぶいであるということで、
是非、しっかりと温めておきたい部位であります。


冷やすと言う事は、あまり良いことではないのですが、
是非、そういう事を良く考えて、甲状腺は見て行きたいものです。


この甲状腺については、一番気をつけなければいけないことは、
冷やすことであるのですが、
特に気をつけなければいけないのが、アルコールを飲んだ時であるとのことです。


誰でも、アルコールは飲みますが、
やはり、喉を直接通って胃に流れるということで、
甲状腺にも影響があるとのことです。


こうした冷えたお酒を飲むことによって、
甲状腺が冷えることで、より甲状腺の活動が
鈍くなってしまうのですが、体というものを良く考えて行く時には、
まずは、この事をよく理解して、冷えたも飲み物はなるべく
飲まないようにする必要があるとのことです。


やはり、冷えたものを飲むと、その分だけ確実に
甲状腺が冷えてしまって、働きがにぶってしまいますし、
その影響で、ホルモンの分泌が低下してしまうということになります。


そういうことになると、どうしてもあまり良い
影響が体に出ないことはわかりますが、
しかし、現代では、多くの人があまりそう言う事を考えずにいます。
posted by sugo at 10:39| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。