このサイトは、安全な国産の厳選黒毛和牛のみを使用している
炭火焼肉永翔苑さんを応援しています。

オステオパシーをご存知ですか?
1874年、身体の構造と働きの関係に着目し、解剖学や生理学、また病理学をベースにアメリカの医師A.Tスティルにより発表された自然療法です。
東京や神奈川で受けたいなら上大岡 整体がおすすめです。アレルギー治療からメンタル回復まで、様々な症状を回復させています。

東洋つばさ治療院
地元支持率No1!春日部で多くの方を笑顔にしている治療院です。

県大駅前治療院
横須賀でオススメの整体です。鍼・灸・マッサージで肩こりや首の痛み、慢性的な腰痛、めまいを解消します。

2013年01月22日

病気になりやすくなる


体温がたった一度下がるだけで、
免疫力が約四割も下がるということで、
これは本当に大きなことですね。


体温が下がると免疫力が落ちるというのは、
よくわかっていたことですが、しかし、約四割も下がると言うのは、
思う以上に大きな数字で驚きました。


これは、それだけ普段よりも体が弱っていると言っても
良いと思うんですが、何らかの病気になりやすい状態ということで、
これは本当に大変なことであると思います。

もちろん、この病気になりやすい状態と言うのは、
体の中にある菌やウイルスが、より活動しやすくなってしまうということに
なります。


普段でも、こうした菌やウイルスというものは、
随分と体の中にいて、
いろいろと活動しているのですが、
しかし、ナチュラルキラー細胞などの働きによって、
こうした悪い菌やウイルスというものを、
どんどん殺してくれるので、
多くの人は病気にならずにすんでいるのですが、
しかし、こうした免疫が崩れてしまうと、
その菌やウイルスにやられてしまって、
病気になってしまうということになります。


これは、より軽い風邪から、かなり重いじ病気など、
その時の状態によってかかる病気は
大きく変化してくるのですが、
しかし、いずれにしろできれば病気にはなりたくないものです。
posted by sugo at 22:50| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体温が一度下がると





なので、日頃から体温を上げていくという事を
していくことが重要になるのですが、
しかし、日頃から体温が低い人と言うのは、
なかなか、そういうことを意識しないというか、
あまり気にしないということになっています。


どこにでも、こうした体温が低い人、
低体温の人と言うのはいますが、
そういう人たちに共通しているのが、
あまり自分の体温が低いと言う事に興味がないということですね。


あまりよくない傾向ではあると思うんですが、
しかし、本人がその気にならなければ何もできないということで、
本当に困ってしまいますね。

こればかりは、あまり他人がどうこう言ってもしかたが
ないのですが、
しかし、体温がさがると具体的には、
どのようなことになるのかということを見ていきたいと思います。

まず、平均体温というものが1度下がると、免疫力が37%下がるということになります。

たった1度体温が下がるだけで、
免疫力が約四割も下がると言う事で、
これは本当に大きなことですね。


これだけ免疫が下がってくると、
普通であれば何でもないようなことであっても、
病気になる確率がたかくなってしまいます。


これは、体の中にあるウイルスや菌が、
殺されることなく活動してしまうということなのですが、
しかし、よく見るとかなり大きな影響がありますね。
posted by sugo at 22:42| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

体温の低い人は








なので、やはり体温と言うのは、普通の36度台であることが、
一番人間が活発に活動しやすい体温であるということが
いえるかとおもうんですが、出来れば35度台の人は、
日頃から体をよく温めておくとうことをしておきたいですね。

ただ、こういうふうに35度台の体温の人と言うのは、
あまり、こういうことに関心がないというか、
自分はもとから体温低くて当り前だからということで、
あまり気にしないと言う人が多いようです。

そのおかげで、普通の人よりは免疫が多少弱くなってしまっているのですが、
しかし、それでも、あまり気にしないで、
そういうものだからということで、
普通に生活をしています。


これも、どのような人生を送るのかと言うのは、
人それぞれであるので、それでもいいとは思いますが、
若いうちは良いものの、しかし、30代、40代と
年をとるにつれて、そうしたことも徐々に
体に響いてくるので、
出来れば早いうちに何らかの対処をして、
体を温めておきたいものです。



日頃からそうすることで、体温も少しは高くなるとは
思いますが、健康というものを考えていくと、
是非、これをしていきたいものです。

体温と免疫というと、あまり考えないと言う人も多いですが、
しかし、出来ればしっかりとこういうことも考えておきたいものです。
posted by sugo at 21:32| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体温と免疫




このように体温と免疫というものは物凄く深い関係で
結ばれていて、より健康を志すひとは、
低体温というものには、
気をつけなければいけません。


やはり、しっかりとした体温というものを
常に保つことがないと、
体調を崩しやすいのですが、
これはすべて、体温の低下による免疫力の低下によって
おこるということですね。


免疫が低下すると、菌やウイルスというものが、
活発に動いてくるようになるんですが、
少し、このことについて詳しくて行きたいと
思います。

体温というのは、通常は36度前後ということで、
普通の体調の時に体温を測ると、多くの人は、36度何分というような
数字がでます。

これは平熱とばれるもので、ほとんどの人はこのくらいの体温ですね。

たまに、これよりも低い35度台の人もいて、
こうした人は低体温ということで、冷え性だったり、
また、常に手足が冷たかったりします。


やはり、35度台だと、普段から体温が低いために、
あまり免疫が働かないというか、
36度台で、元気に生活していると言う人に比べると、
少し、精彩に欠けるというか、
線の細い印象を受けますね。

もちろん、普通に生活している本人にとっては、
それほど何か特別悪いということがあるわけではないようなんですが、
しかし、やはり、どこか元気がない感じはしますね。
posted by sugo at 21:26| Comment(0) | 体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

体温が高いのは

体を冷やすと、内臓にはよくなりですし、
また、関節なども良くいためやすく、
あまり良いことがないことで有名です。

なので、体をよく動かす人は、
まずは、ウォーミングアップをして体を温めてから、
本格的に運動をするという事をしますが、
こういう風に、体を温めるというのは、
スポーツでの何でも重要になります。


これはどちらかというと、体を慣らすというようなことですが、
普段の場合は、体温を下げないということになりますね。


なので、服を着込んだり、また温かい所にいるようにして
体を冷えないようにすることが重要になるのですが、
この体の冷えというものは、実は人間が生きる上では、
物凄く大きな影響を持つことで、思う以上に体には
影響が出てくることであるそうです。

例えば、体は常に40度近い熱を持っていますが、
この体温が下がると、免疫が落ちてきてしまうということがあります。

これは、体温というものが高いおかげで、
体の細胞と言うのが活発になり、
ウィルスや菌というものをつねに潰してくれるので、
ちょっとしたことなら、何も問題ない生活が送れます。

人間が普通に生活するには、実はかなりいろいろな菌やウイルスというものに
さらされて生活しているわけですが、
しかし、その中でどうして病気にならずに、
生活出来るのかと言うと、この体温が高いおかげで、
菌やウイルスを撃退してくれるからです。


posted by sugo at 23:09| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2種類のお酒の飲み方

 では、どのような違いが現れるのかと言う事を
見ていきたいのですが、
これは冷えているのを飲むのか、
それとも温かいものを飲むのかと言う違いでもあります。


ビールや清酒といっても、どちらもアルコールであることに
変わりはないので、飲み過ぎれば、体に悪いですし、
毎日飲むにしても、少しずつ飲むのなら、
健康に良いということになります。


なので、どちらも飲み過ぎれば体に悪いし、
程度に飲めば体にいいという事になるんですが、
しかし、同じ量を飲んでいたとしても、
その飲酒には差が出てきてしまうことがあります。

これは温かいものを飲むのと、
冷たい物を飲むのとの大きな差であるのですが、
やはり、冷たいものを飲むのと温かいものを飲むのとで、
体というものには、大きな違いがあり、
特に、アルコールの場合は、それが顕著であるということだそうです。


昔から、体は冷やしていはいけないと言う事で、
体は常に温めるようにと言われています。


人間と言うのは、常に40度近い体温を持つことで、
生命を維持する、生きていると言う事になるのですが、
体が冷たくなってくると、これは決して健康に良いとは
言えない状態ということで、体が冷えないように
よく注意するよう言われています。
posted by sugo at 23:00| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

昔の飲み方


このようにまずはお酒をのむ時には
ビールを飲むという事になっているのですが、
しかし、これは昔の日本にはなかったということで、
随分と、お酒の飲み方というのは変わったものだと
思います。


少なくとも戦前には、ビールを飲むと言う習慣はあまりなくて、
お酒を飲むというと、清酒か焼酎というのが
お決まりであった事かと思います。

これはほぼ、まちがいないことで、
実際に、当時のお酒と言えば、
清酒か焼酎が普通にいうお酒というものでした。


なので、戦前生まれの人たちと言うのは、
今でも、お酒を飲むというと焼酎や清酒を飲みますが、
世代によって、飲むお酒が変わり、その飲み方が大きく異なるという
ことが見れます。


これは生まれた時代や、現在の年齢なんかが大きく
影響してきますが、やはりビールを飲む世代と、
清酒、焼酎を飲む世代といえます。


一言で、お酒を飲むと言っても、世代によっては、実に大きな
違いがあるのですが、この飲むお酒の違いというものが、
随分と健康、体にも影響してくるのだと思いますが、
飲み方とお酒の種類というものが、
お酒と健康とうものには、随分と響いてきます。


こえについても良く見ていきたいと思うですが、
ビールをよく飲む人と、清酒をよく飲む人では、
おのずから、現れてくる結果が大きく異なってきますね。

これはお酒と飲み方の違いということで、
非常に面白いものです。




posted by sugo at 00:22| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲み方の違い




こうしたお酒の飲み方というのは、
わりと珍しいのかなと言う感じがしますが、
まずは、一回一回の飲む量が少ないということと、
それと何よりも温めてお酒を飲むということで、
ここの所が他の国でお酒を飲むと言う事とは
大きく違っていたりします。



他の国だと、やはり、かなりがぶ飲みをしたりするようなことが
多くて、大きなグラスでぐいぐい飲むと言う感じが
します。


もちろん、これは人によって大きく飲み方が違うものですが、
しかし、割とこうした飲み方が一般的でした。


現代の日本でも、どちらかというとこうしたぐいぐいと
大きなグラスで飲むというような感じがしますが、
飲み方と言うと、こうhした飲み方になっていますね。


お酒を飲む時というのは、「とりあえずビール」と言われるように、
まずは、ビールを飲むと言う人が多いのですが、
しかし、このビールと言うものは、
昔の日本にはなかったもので、
欧米から持ち込まれたものですね。

なので、本来はこれは日本ではなかった物であるのですが、
しかし、いつのまにかお酒と言うと、
ビールという風に見られるようになっていて、
「とりあえず、ビール」というような
ことになってしまいました。

なので飲み会がある時には、
必ずとりあえずビールということがいわれると思いますが、
それだけ一般的なものにもなりました。


posted by sugo at 00:21| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

昔のお酒の飲み方は




お酒というものも、本当に体の良い飲み方から、
体に悪い飲み方まで、色々なものがあるのですが、
しかし、日本人のお酒の飲み方と言うと、
本当は現代のものとは少し違っていたということが
あります。


なので、そこのところを少し見ていきたいのですが、

日本ではお酒というものは、百薬の長というものであると
言われていて、体には良いものであると
されているのですが、
しかし、こうした飲み方は、実際には、現代の日本のお酒の
飲み方とは、随分と大きく異なるものがありました。



現代の日本では、お酒と言うと、清酒に始まり、焼酎にビール、
ウィスキー、カクテルなどなど、そうとうな数のものがあります。


他の国でも、色々なお酒があるとは思いますが、
しかし、日本では、本当にお酒の種類が多くて、
また、飲みやすい物が多いと言う事で有名です。



昔の日本では、清酒に焼酎、さらにはどぶろくといったようなものが
ほとんどで、そうったものしかなかったのが事実かと
思います。

なので、今、多くの人が飲むようにビールがあったり、
また、ワインがあったりしたということではなかったのですが、

当時の日本のお酒の特徴と言うと、
やはり、温めたお酒を銚子で少しずつ飲むというような
ことでした。

posted by sugo at 23:07| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲んでも飲まれるな




より統計的に、お酒というものの
効果がはっきりとされてきているわけなのですが、
飲み過ぎれば体に悪いし、適度に飲めば健康に良いしということで、
飲み方次第で、薬にもなれば毒にもなるということで、
本当に飲み方に注意をしたいものです。



このお酒の飲み方で、適度な量、健康に良いとされる量と言うのは、
一日2合ということなので、
できればそのくらいの量をしっかりと守って楽しくお酒を
飲みたいものです。



こうしたりょうとうものをしっかりと守って、
美味しいお酒を飲むのならば、
それは非常に健康に良いものであるのですが、
しかし、お酒と言うのは毎日飲んでいると、
次第に体がお酒になれてきてしまって、

少しの量では物足りなくなってしまうと言う事がありますね。



こういうことは、だれにでも起こることですが、
やはりこうなってしまうと、徐々に酒量が増えてしまうということで、
どうにも悪い方向に行ってしまいがちです。


そうはならないようにお酒を飲む時には、しっかりと
適度を守って飲酒したいものです。

なので、酒は飲んでも飲まれるなということが
よく言われますが、まさにその通りで、
飲まれ過ぎてしまって、健康を害さないように、
よく注意をしてお酒を飲みたいものです。
posted by sugo at 22:59| Comment(0) | 健康食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。